電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-12 10:20
センサーデータ相関を利用した時刻推定
青木佑一郎佐藤友紀佐藤泰介三次 仁中村 修村井 純慶大
抄録 (和) 本報告では, 複数の時系列センサーデータ間の相関を用い, 直接時刻を得る機能を持たないデバイスで発生したイベントの時刻推定を行う手法を提案する. 提案手法は時刻を得る機能を持つデバイスと持たないデバイスでそれぞれ「共通のデータ」をセンサーにより取得し, それらの相関分析に基づきイベントの発生時の時刻を推定することが特徴である. 提案技術はRTCなどの時計の実装コストや, 時刻設定インターフェイスを省略したい簡単・低コストなセンサー服薬カレンダーなどのデバイスに用いることができる. 本報告は, システム構成技術を解説した後, 実際に複数の温度センサーを設置してそれらから取得した時系列のデータの類似度を評価することによって時刻推定における誤差を検証し, 場所によって絶対計測値が変わっていても十分な分解能を有するセンサーを用いることで提案手法により時刻誤差1分以内でイベントの発生時刻が特定できることを示す. 
(英) This report proposes a method to determine the absolute time of a sensor event in a sensor device which does not have clock for low cost purpose. Time synchronization of the clock-less sensor device is compensated by recording an environmental data such as room temperature with the sensor event. The environmental data is also collected with accurate time by a clock-equipped sensor device. Correlation analysis in a cloud server determines clock times of the events measured in a clock-less sensor device. This report shows the feasibility of the proposed method by recording time series temperature data and evaluating similarity of them revealing that even if the absolute temperature measurement is different, high correlation can be observed with high resolution sensor. In case of temperature sensing, we can achieve less than 1 minutes clock synchronization with events measured by a clock-less sensor.
キーワード (和) 温度センサー / 時刻推定 / 相関分析 / / / / /  
(英) Temperature sensors / Time synchronization / Correlation analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 205, SIS2014-63, pp. 77-80, 2014年9月.
資料番号 SIS2014-63 
発行日 2014-09-04 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2014-09-11 - 2014-09-12 
開催地(和) 庄内産業振興センター(山形県鶴岡市) 
開催地(英) SHONAI INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英) Intelligent Multimedia Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2014-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センサーデータ相関を利用した時刻推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Time synchronization with sensor data correlation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 温度センサー / Temperature sensors  
キーワード(2)(和/英) 時刻推定 / Time synchronization  
キーワード(3)(和/英) 相関分析 / Correlation analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 佑一郎 / Yuichiro Aoki / アオキ ユウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 友紀 / Yuki Sato / サトウ ユウキ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 泰介 / Taisuke Sato / サトウ タイスケ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三次 仁 / Jin Mitsugi / ミツギ ジン
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 修 / Osamu Nakamura / ナカムラ オサム
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 純 / Jun Murai / ムライ ジュン
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-12 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2014-63 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.205 
ページ範囲 pp.77-80 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIS-2014-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会