電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-11 11:40
緊急時の一般電話収容数向上を目的とした閾値緩和方式
田辺和輝東工大)・宮田純子神奈川大)・馬場健一工学院大)・山岡克式東工大MoNA2014-33
抄録 (和) 緊急時における輻輳対策として,回線交換機の一部を優先電話のために留保する回線留保制御が存在するが,余剰な回線の留保は一般電話収容数の減少を招くおそれがあり,優先電話が確保可能である範囲において,留保回線数は可能である限り少ない方が望ましい.また,更なる一般電話の収容数増大には,一般電話の適切な通話時間制限が有効であると考える.そこで本研究では,回線留保制御下での,優先電話の予測呼量に対する閾値緩和および,2つの方針による一般電話の適切な通話時間制限を提案し,M_1M_2/MD/s/s, th待ち行列システムとして交換機をモデル化し,計算機シミュレーションによって,提案方式による優先電話確保および一般電話の収容数増大効果を,定量的に示す.さらに,優先電話の確保に最低限必要となる留保回線数に関して,検討を行う. 
(英) We propose a threshold relaxation and holding time limitation for general telephone calls under trunk reservation control in emergency situations. Our proposed method consists of a threshold relaxation strategy and two holding time limitation strategies and it aims to accept more general calls while required emergency calls are still accepted. Computer simulation with a queueing system model of a telephone exchange shows that the proposed method increases the number of accepted general calls while still enabling the required number of emergency calls to be accepted. We also investigate the necessary number of reserved lines for guaranteeing emergency calls.
キーワード (和) 災害時優先電話 / 一般電話収容 / 輻輳制御 / 回線留保制御 / 閾値緩和 / 呼損率 / 待ち行列理論 /  
(英) Emergency Telecommunication Service(ETS) / Accepting general telephone calls / Congestion control / Trunk reservation control / Threshold relaxation / Call-blocking rate / Queueing theory /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 210, MoNA2014-33, pp. 13-18, 2014年9月.
資料番号 MoNA2014-33 
発行日 2014-09-04 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2014-33

研究会情報
研究会 MoNA CQ  
開催期間 2014-09-11 - 2014-09-12 
開催地(和) 石巻市河北総合センタービッグバン(石巻市) 
開催地(英)  
テーマ(和) 災害時通信, モバイルオフロード, 無線LAN,M2M/センサネットワーク, P2P/アドホックネットワーク, モバイルアプリケーションとサービス, 無線伝送, クロスレイヤー融合技術, 映像配信, およびこれらの品質と省電力化, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2014-09-MoNA-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 緊急時の一般電話収容数向上を目的とした閾値緩和方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Threshold Relaxation Method for Accepting More General Telephone Calls in Emergency Situation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 災害時優先電話 / Emergency Telecommunication Service(ETS)  
キーワード(2)(和/英) 一般電話収容 / Accepting general telephone calls  
キーワード(3)(和/英) 輻輳制御 / Congestion control  
キーワード(4)(和/英) 回線留保制御 / Trunk reservation control  
キーワード(5)(和/英) 閾値緩和 / Threshold relaxation  
キーワード(6)(和/英) 呼損率 / Call-blocking rate  
キーワード(7)(和/英) 待ち行列理論 / Queueing theory  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田辺 和輝 / Kazuki Tanabe / タナベ カズキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮田 純子 / Sumiko Miyata / ミヤタ スミコ
第2著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 健一 / Ken-ichi Baba / ババ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Titech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-11 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2014-33 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2014-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会