お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-11 14:20
[招待講演]モバイル通信の多様化に伴うネットワーク運用管理の現状と課題
阿野茂浩KDDI研NS2014-86 IN2014-56 CS2014-44
抄録 (和) LTE (Long Term Evolution)に基づく3.9G携帯電話の普及,スマートフォンの一般ユーザへの浸透によって,動画像コンテンツの視聴に起因するモバイルトラヒックの急増対策が,モバイル通信事業者にとって大きな課題となっている.一方,スマートフォン上でのアプリケーションの多様化に加えてVoLTEサービスの開始により,各種通信の体感品質を維持しつつ障害発生を未然に防いだり,障害の影響範囲を最小化する必要性が高まっている.一方,モバイル通信におけるM2M (Machine to Machine) 通信市場の急拡大,ネットワーク仮想化技術の企業網からモバイルコアであるEPC (Evolved Packet Core) への適用領域の展開についても,モバイル通信の効率的な運用管理を実現していく観点から喫緊の課題となっている.
本稿では,これらのモバイルネットワークを取り巻く,モバイル端末・ネットワーク機器・アプリケ-ションに関わる通信環境の変化とその課題について述べると共に,現在取り組んでいる課題解決のための各種取組みについて紹介する.一方,既存のTCPやUDPといったトランスポート層やHTTPといったセッション層のプロトコルについても,その代替となるSPDY等の新たなプロトコルが利用され始めている.この様な新しいプロトコルの利用動向やモバイルネットワークへのインパクトに関する研究取組み,さらには,今後大きく展開が予想されるBLE (Bluetooth Low Energy) を利用したタグやガジェット等との効率的通信管理技術に関しても,その研究取組みについて紹介する. 
(英) The mobile data traffic explosion with the nation wide deployment of 3.9G LTE (Long Term Evolution) mobile service, the spread of the smartphone device that enables high speed browsing and high quality video streaming have brought new challenges for mobile operators. On the other hand, the diverse types of applications and new services being launched such as VoLTE, the need to maintain the Quality of Experience while preventing service outages and minimizing service impact upon failures has raised importance. Meanwhile, with the expected growth of the M2M (Machine to Machine) communication market, the application of network virtualization technology to enterprise networks and further to mobile core known as EPC (Evolved Packet Core) are urgent issue for operators to achieve efficient operation and management of the mobile communication.
In this paper, we describe some new challenges surrounding the mobile network operation and its management brought by changes of mobile devices, mobile networks, and applications, and also introduce our current activities to solve these problems. In addition, we describe the deployment of new protocols such as SPDY that are quickly replacing the existing transport layer protocols, UDP and TCP, and session layer protocol HTTP, and describe their impact on mobile networks. Finally, we introduce some research activities using BLE (Bluetooth Low Energy) tags and gadgets which are expected to deploy rapidly in the near future for efficient communication management.
キーワード (和) LTE / スマートフォン / VoLTE / M2M / EPC / ネットワーク仮想化 / SPDY / WebRTC  
(英) LTE / Smartphone / VoLTE / M2M / EPC / Network Virtualization / SPDY / WebRTC  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 207, IN2014-56, pp. 43-48, 2014年9月.
資料番号 IN2014-56 
発行日 2014-09-04 (NS, IN, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2014-86 IN2014-56 CS2014-44

研究会情報
研究会 CS NS IN  
開催期間 2014-09-11 - 2014-09-12 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 2号館 
開催地(英) Tohoku Univ. Research Institute of Electrical Communication 2gokan 
テーマ(和) ポストIPネットワーキング、次世代・新世代ネットワーク(NGN) 、障害対策・BCP、ネットワークコーディング、セッション管理(SIP・IMS)、相互接続技術/標準化、ネットワーク構成管理及び一般 
テーマ(英) Post IP networking, Next Generation Network (NGN)/New Generation Network (NWGN), Contingency Plan/BCP, Network Coding/Network Algorithms, Session Management (SIP/IMS), Internetworking/Standardization, Network configuration, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2014-09-CS-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイル通信の多様化に伴うネットワーク運用管理の現状と課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Operational and Management Challenges from Mobile Communication Diversification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE / LTE  
キーワード(2)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(3)(和/英) VoLTE / VoLTE  
キーワード(4)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(5)(和/英) EPC / EPC  
キーワード(6)(和/英) ネットワーク仮想化 / Network Virtualization  
キーワード(7)(和/英) SPDY / SPDY  
キーワード(8)(和/英) WebRTC / WebRTC  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿野 茂浩 / Shigehiro Ano / アノ シゲヒロ
第1著者 所属(和/英) 株式会社KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories, Inc. (略称: KDDI R&D Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-11 14:20:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-NS2014-86,IEICE-IN2014-56,IEICE-CS2014-44 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.206(NS), no.207(IN), no.208(CS) 
ページ範囲 pp.41-46(NS), pp.43-48(IN), pp.19-24(CS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2014-09-04,IEICE-IN-2014-09-04,IEICE-CS-2014-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会