お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-11 15:30
ダイナミックスペクトルアクセス向けキャリアセンシング手法に関する一検討
岡田史也畠中理英尾上孝雄阪大SIS2014-59
抄録 (和) 本稿ではダイナミックスペクトルアクセス (DSA) 向けスペクトルセンシング手法について述べる. 本研究では,サブキャリア単位で利用する周波数帯域を選択可能な,ダイナミックスペクトルアクセスを用いた OFDM 通信の利用を前提としているため,受信信号をオーバーラップさせて FFT (Fast Fourier Transform) 行い,複数のサブキャリア単位のセンシング結果の論理和をスペクトルセンシング結果とする手法を提案する.センシング精度,ハードウェア量,およびセンシング時間について提案手法の性能評価を行った結果,FFT のオーバーラップ率 50%で,検出率 72%を達成した.さらに,動作周波数 100MHz,サンプリング周波数 40MHz,オーバーラップ率 50%の時,送受信回路全体に対し,8.3%の回路規模増でスペクトルセンシング回路が実現可能であることを示した. 
(英) A carrier-sensing method for dynamic spectrum access (DSA) is proposed, which is utilized in the OFDM transceiver with DSA. The proposed method regards the OR of several comparison results between the spectrum intensity of overlapped FFT and an threshold as the carrier-sensing per subcarrier. The performance evaluation result shows that the proposed method achieved 72 % of the detection rate with 50% of overlap rate. The proposed method can be inplemented with the only 8.3 % increase of the OFDM transceiver circuit with 100MHz clock frequency, 40 MHz sampling frequency and 50% overlap rate.
キーワード (和) OFDM / DSA / Energy Detection / FPGA / / / /  
(英) OFDM / DSA / Energy Detection / FPGA / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 205, SIS2014-59, pp. 57-62, 2014年9月.
資料番号 SIS2014-59 
発行日 2014-09-04 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2014-59

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2014-09-11 - 2014-09-12 
開催地(和) 庄内産業振興センター(山形県鶴岡市) 
開催地(英) SHONAI INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英) Intelligent Multimedia Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2014-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ダイナミックスペクトルアクセス向けキャリアセンシング手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Approach to Carrier Sensing Method for Dynamic Spectrum Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(2)(和/英) DSA / DSA  
キーワード(3)(和/英) Energy Detection / Energy Detection  
キーワード(4)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 史也 / Fumiya Okada / オカダ フミヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 畠中 理英 / Masahide Hatanaka / ハタナカ マサヒデ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾上 孝雄 / Takao Onoye / オノエ タカオ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-11 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2014-59 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.205 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2014-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会