お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-11 14:20
二者会話の空白時間を用いたパケット制御によるVoIPサービスの高品質化
櫻井隼人上岡英史芝浦工大MoNA2014-37
抄録 (和) モバイル情報通信分野の進展に伴い,回線交換網を用いた従来の電話サービスは,IP網を用いるVoIPサービスヘと変化している.「Skype」や「LINE」といった無料VoIPサービスが人気を博している一方で,音声の途切れや遅れといった従来の電話サービスでは意識しなかった問題が新たに提起されている.これらの問題を解決する手法は数多く提案されているが,その多くが物理的パラメータの改善や向上などのQoSを主体としたものであり,実際にVoIPサービスとしてユーザが評価することは数少なく,QoEに関してはあまり研究がなされていない.本稿では,二者会話の空白時間に基づくパケット制御により,VoIPサービスのQoEの実質的改善法を提案する.会話の空白継続時間分布に基づいてパケットを破棄することで,ランダムにパケットを破棄する場合よりQoEが向上することを,主観評価を通して評価する. 
(英) With advancement of IP-based information and communication technologies, VoIP services such as “Skype” and “Line” have commonly been used. These VoIP services often suffer from the voice intermittence and transmission delay. Most of the researches to solve this issue focus on enhancement of QoS which is expressed by physical parameters on the network and few researches investigate QoE with user-centric evaluations. In this paper, a packet control based on the blank time of conversation will be proposed in order to improve the QoE of VoIP services. In addition, the effectiveness of the proposed method will be shown with subjective evaluation through an experiment.
キーワード (和) VoIP / QoE / パケットロス / ネットワークエミュレータ / 主観品質評価 / / /  
(英) VoIP / QoE / Packet loss / Network Emulator / Subjective quality evaluation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 210, MoNA2014-37, pp. 37-42, 2014年9月.
資料番号 MoNA2014-37 
発行日 2014-09-04 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoNA2014-37

研究会情報
研究会 MoNA CQ  
開催期間 2014-09-11 - 2014-09-12 
開催地(和) 石巻市河北総合センタービッグバン(石巻市) 
開催地(英)  
テーマ(和) 災害時通信, モバイルオフロード, 無線LAN,M2M/センサネットワーク, P2P/アドホックネットワーク, モバイルアプリケーションとサービス, 無線伝送, クロスレイヤー融合技術, 映像配信, およびこれらの品質と省電力化, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2014-09-MoNA-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二者会話の空白時間を用いたパケット制御によるVoIPサービスの高品質化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of VoIP Quality by Packet Control based on Pause of Conversation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(2)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(3)(和/英) パケットロス / Packet loss  
キーワード(4)(和/英) ネットワークエミュレータ / Network Emulator  
キーワード(5)(和/英) 主観品質評価 / Subjective quality evaluation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 隼人 / Hayato Sakurai / サクライ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上岡 英史 / Eiji Kamioka / カミオカ エイジ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-11 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2014-37 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2014-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会