お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-11 14:15
画像情報に基づいたガウス雑音の標準偏差の推定
鈴木貴士辻 裕之神奈川工科大)・田口 亮東京都市大)・木村誠聡神奈川工科大SIS2014-56
抄録 (和) データ依存型の雑音除去フィルタでは加法雑音の標準偏差等をフィルタ処理に用いる場合も多い.当然,加法雑音の標準偏差等は未知であるから,劣化画像からそれらを推定する必要がある.ガウス雑音によって劣化した画像から重畳しているガウス雑音の標準偏差を推定する方法として,PCAを用いた方法やMADを利用した方法などがある.PCAを用いる方法は,推定精度は良いが計算量が非常に多く,MADを利用する方法は,計算量は少ないものの画像の種類・性質によって推定精度が悪くなる.そこで,本稿ではMADを利用した方法を拡張し,計算量が少なく推定精度が画像の種類・性質に依存せず高くなる方法を提案する.提案法では画像をサブブロックに分割し,そのブロック毎に推定される標準偏差の値をもとに画像の性質(画像中のエッジや細部の含有量に対応する)をパラメータ化(画像性質パラメータ)する.そして推定した画像性質パラメータを用いて重畳している雑音のMADによる標準偏差推定値を補正するための補正係数を導出する.本稿ではその補正係数を画像性質パラメータの一次式で表されること明らかにする.提案法とMAD値を利用した従来法との比較を21種類の標準画像を用いて行った.その結果,従来法の標準偏差推定誤差が21画像の平均で25%%であったものが,提案法では8%まで下がることを明らかにする. 
(英) The standard deviation of Gaussian noise is required for restoration of degradation images. At the moment, the estimating method of Gaussian noise’s standard deviation is proposed by PCA or MAD value. However, these methods have the problems, such as a large amount of computation time and estimate’s error. Therefore, we proposed the estimate method of Gaussian noise’s standard deviation which extended MAD value. The proposed method corrects the estimation value of standard deviation by using liner expression. As a result of applying this proposed method to some degraded images, it confirmed that the standard deviation’s error of this proposed method is small than conventional method.
キーワード (和) ガウス雑音 / 標準偏差 / 推定 / / / / /  
(英) Gaussian noise / Standard deviation / estimate / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 205, SIS2014-56, pp. 39-44, 2014年9月.
資料番号 SIS2014-56 
発行日 2014-09-04 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SIS2014-56

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2014-09-11 - 2014-09-12 
開催地(和) 庄内産業振興センター(山形県鶴岡市) 
開催地(英) SHONAI INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英) Intelligent Multimedia Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2014-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像情報に基づいたガウス雑音の標準偏差の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Estimate Method of Standard Deviation for Gaussian Noise with Image Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ガウス雑音 / Gaussian noise  
キーワード(2)(和/英) 標準偏差 / Standard deviation  
キーワード(3)(和/英) 推定 / estimate  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 貴士 / Takashi Suzuki / スズキ タカシ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 裕之 / Hiroyuki Tsuji / ツジ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 亮 / Akira Taguchi / タグチ アキラ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 誠聡 / Tomoaki Kimura / キムラ トモアキ
第4著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: Kanagawa Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-11 14:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2014-56 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.205 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2014-09-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会