お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-11 16:35
LDA方式による金融経済月報からのトピック抽出 ~ 第2次安倍内閣の金融政策と経済動向分析 ~
松田安咲子岡石一真白田由香利学習院大)・橋本隆子千葉商科大)・佐倉 環日本経済研究センターDE2014-37
抄録 (和) 日銀の金融経済月報を2012年1月から12月まで,2013年1月から2014年7月までの2つに期間に分割してトピック抽出を行い.トピック比率の変化を分析した.2013年1月から2014年7月のトピック分析では,比率増加が8か月という長期にわたるトピック「消費税率引き上げ前の駆け込み需要」が発見された.震災直後の2011年の分析において,我々のチームはTOPIC2「震災の影響による国内生産活動の縮小」を発見したが,震災という大惨事の影響でも,4か月の増加持続期間であった.これと比較しても消費税増税の影響が大きいことが分かる.もうひとつの2013年以降の期間に発見されたトピックとしては,日経平均株価と正の相関が高いことから,景気改善と解釈できるトピックが見つかった. 
(英) We conducted a topic extraction from the financial and economical monthly reports by Bank of Japan to analyze the time series changes of the rate of the extracted topics. The target periods were January to December in 2012 and one from January 2013 to July 2014. In the latter period, we found a topic related to the increase of consumption tax to be held on the first April, 2014. The topic was related to the last-minute shopping or demand before the tax increase. The topic had increased for about 8 months which was so long, compared with 4 months of the topic “decrease of domestic product owing to the great earthquake in 2011.” Another topic in 2013 to 2014 was the turnaround of the economy. The topic showed a similar movement to the increase of the Nikkei Stock Average.
キーワード (和) トピック抽出 / LDAモデル / 金融経済月報 / 消費税増税 / / / /  
(英) Topic Extraction / LDA Model / Financial and Economical Monthly Reports / Increase in Consumption Tax / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 204, DE2014-37, pp. 79-84, 2014年9月.
資料番号 DE2014-37 
発行日 2014-09-03 (DE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DE2014-37

研究会情報
研究会 DE  
開催期間 2014-09-10 - 2014-09-11 
開催地(和) 国立情報学研究所12階1208.1210号室 
開催地(英) NII、12F Room1208, 1210 
テーマ(和) データ工学と食メディア 
テーマ(英) Data Engineering and Food Media 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DE 
会議コード 2014-09-DE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LDA方式による金融経済月報からのトピック抽出 
サブタイトル(和) 第2次安倍内閣の金融政策と経済動向分析 
タイトル(英) Topic Extraction from the Financial and Economical Monthly Reports by using LDA 
サブタイトル(英) Japanese Economical Climate Analysis of the Second Abe Cabinet Period 
キーワード(1)(和/英) トピック抽出 / Topic Extraction  
キーワード(2)(和/英) LDAモデル / LDA Model  
キーワード(3)(和/英) 金融経済月報 / Financial and Economical Monthly Reports  
キーワード(4)(和/英) 消費税増税 / Increase in Consumption Tax  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 安咲子 / Asako Matsuda / マツダ アサコ
第1著者 所属(和/英) 学習院大学 (略称: 学習院大)
Gakushuin University (略称: Gakushuin University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡石 一真 / Kazuma Okaishi / オカイシ カズマ
第2著者 所属(和/英) 学習院大学 (略称: 学習院大)
Gakushuin University (略称: Gakushuin University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 白田 由香利 / Yukari Shirota / シロタ ユカリ
第3著者 所属(和/英) 学習院大学 (略称: 学習院大)
Gakushuin University (略称: Gakushuin University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 隆子 / Takako Hashimoto / ハシモト タカコ
第4著者 所属(和/英) 千葉商科大学 (略称: 千葉商科大)
Chiba University of Commerce (略称: Chiba Univ. of Commerce)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐倉 環 / Tamaki Sakura / サクラ タマキ
第5著者 所属(和/英) 日本経済研究センター (略称: 日本経済研究センター)
Japan Center for Economic Research (略称: JCER)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-11 16:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 DE 
資料番号 IEICE-DE2014-37 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.204 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DE-2014-09-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会