お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-05 16:35
[招待講演]Dual System Encryption via Doubly Selective Security -- A Generic Framework for Fully-Secure Predicate Encryption --
Nuttapong AttrapadungAISTISEC2014-54
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Dual system encryption techniques introduced by Waters in Crypto'09 are powerful approaches for constructing fully secure functional encryption (FE) for many predicates. However, there are still some FE for certain predicates to which dual system encryption techniques seem inapplicable, and hence their fully-secure realization remains an important problem. A notable example is FE for regular languages, introduced by Waters in Crypto'12.

We propose a generic framework that abstracts the concept of dual system encryption techniques. We introduce a new primitive called emph{pair encoding} scheme for predicates and show that it implies fully secure functional encryption (for the same predicates) via a generic construction. Using the framework, we obtain the first fully secure schemes for functional encryption primitives of which only selectively secure schemes were known so far. Our three main instantiations include FE for regular languages, unbounded attribute-based encryption (ABE) for large universes, and ABE with constant-size ciphertexts.

Our main ingredient for overcoming the barrier of inapplicability for the dual system techniques to certain predicates is a computational security notion of the pair encoding scheme which we call emph{doubly selective security}. This is in contrast with most of the previous dual system based schemes, where information-theoretic security are implicitly utilized. The doubly selective security notion resembles that of selective security and its complementary notion, co-selective security, and hence its name. Our framework can be regarded as a method for boosting doubly selectively security (of encoding) to full security (of functional encryption).

Besides generality of our framework, we remark that improved security is also obtained, as our security proof enjoys tighter reduction than previous schemes, notably the reduction cost does not depend on the number of all queries, but only that of emph{pre-challenged} queries.
キーワード (和) Public-key Cryptography / Attribute-based encryption / Functional encryption / Full security / Dual system encryption / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 203, ISEC2014-54, pp. 47-47, 2014年9月.
資料番号 ISEC2014-54 
発行日 2014-08-29 (ISEC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2014-54

研究会情報
研究会 ISEC  
開催期間 2014-09-05 - 2014-09-05 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2014-09-ISEC 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dual System Encryption via Doubly Selective Security 
サブタイトル(英) A Generic Framework for Fully-Secure Predicate Encryption 
キーワード(1)(和/英) Public-key Cryptography /  
キーワード(2)(和/英) Attribute-based encryption /  
キーワード(3)(和/英) Functional encryption /  
キーワード(4)(和/英) Full security /  
キーワード(5)(和/英) Dual system encryption /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) アッタラパドゥン ナッタポン / Nuttapong Attrapadung /
第1著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
The National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-05 16:35:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2014-54 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.203 
ページ範囲 p.47 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-ISEC-2014-08-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会