電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-04 14:25
TDMAによる論理OLT仮想化を用いたONU群救済手法の提案
岡本 聡小番麻斗佐藤丈博竹下秀俊山中直明慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) エラスティック光アグリゲーションネットワーク(EλAN)では,光スイッチを利用したアクティブなOptical Distribution Network (ODN)を利用して,Optical Line Terminal (OLT)とOptical Network Unit (ONU)の間で故障救済としてリストレーションを行うことが期待されている.ODNを切り替えて実現されるリストレーションでは,故障個所がODNであることが前提となっている.しかしながら,ODNを切り替えてOLTとONUとの接続関係を維持しようとしても,生存OLTが少数の場合にOLTの収容数を超えたONUは単純なリストレーションでは救済できないという課題がある.本論文では,この課題を解決して大規模災害に対応することを目的として,OLTをTime Division Multiple Access (TDMA)により仮想化しONU群を順次切り替えて仮想OLTが処理することで,OLTの収容数を超えた数のONUを救済する手法を提案する.また,簡易実験により方式の性能を評価した結果を報告する. 
(英) To improve disaster tolerance in optical access and aggregation network, the Elastic Lambda Aggregation Network (EλAN) has been proposed. In the EλAN, an active optical distribution network (ODN) will provide restoration capability among an optical line terminal (OLT) and optical network units (ONUs). However, when many central offices (COs) will be collapsed and ODN well be able to provides fiber routes from ONUs to COs, few OLTs should support enormous numbers of ONUs. If the number of ONUs is over the accommodation number of the OLT, many ONUs are not able to recover from the disaster. To solve this problem, this paper proposes a time division multiple access (TDMA) based logical OLT sharing method among ONU groups. The proposed method provides exceeding the ONU accommodation limit number of single OLT. The prototype implementation and performance evaluation results are present.
キーワード (和) OLT仮想化 / アグリゲーション網 / TDMA / 論理OLT / 故障救済 / / /  
(英) OLT Virtualization / Aggregation Network / TDMA / Logical OLT / Disaster Recovery / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 201, PN2014-13, pp. 13-18, 2014年9月.
資料番号 PN2014-13 
発行日 2014-08-28 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2014-09-04 - 2014-09-05 
開催地(和) 定山渓グランドホテル(北海道) 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2014-09-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TDMAによる論理OLT仮想化を用いたONU群救済手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) TDMA based logical OLT virtualization method for ONU group disaster recovery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OLT仮想化 / OLT Virtualization  
キーワード(2)(和/英) アグリゲーション網 / Aggregation Network  
キーワード(3)(和/英) TDMA / TDMA  
キーワード(4)(和/英) 論理OLT / Logical OLT  
キーワード(5)(和/英) 故障救済 / Disaster Recovery  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 聡 / Satoru Okamoto / オカモト サトル
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小番 麻斗 / Asato Kotsugai / コツガイ アサト
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 丈博 / Takehiro Sato / サトウ タケヒロ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 秀俊 / Hidetoshi Takeshita / タケシタ ヒデトシ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山中 直明 / Naoaki Yamanaka /
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-04 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2014-13 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.201 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2014-08-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会