電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-02 10:15
セグメンテーションと事前形状の同時最適化のための一手法の提案と膵臓セグメンテーションへの応用
斉藤 篤東京農工大)・縄野 繁国際医療福祉大)・清水昭伸東京農工大MI2014-35
抄録 (和) 統計的形状モデルはグラフカットなどによる臓器セグメンテーションのための事前形状の生成に有効であるが,従来の多くの手法によって得られる事前形状はセグメンテーションの目的関数に関する最適性が保証されなかった.この問題に対して著者らは,モデルが生成しうる全ての形状集合の中から最適な形状を選択可能な方法を考案した.しかし,計算コストの問題によってモデルの次元数を上げることが困難であった.そこで,最適性をやや犠牲にして,より高次元のモデルから生成される事前形状集合を対象に,その中から効率的に形状を選択する方法を提案した.本項では,提案手法を実際の3次元腹部CT像上からの膵臓セグメンテーションに適用し,その有効性について議論する. 
(英) A statistical shape model (SSM) plays an important role to provide a shape prior for organ segmentation, such as graph cuts based segmentation. Shape priors acquired by the conventional methods, however, is not always optimal in terms of an objective function for segmentation. We previously developed a method of selecting the best shape from a set of all shapes generated from an SSM. It was, however, difficult to increase the number of dimensions of the SSM. Therefore, we proposed an approximation method to increase the number of dimensions of the SSM at the sacrifice of the optimality of the objective function. In this paper, we demonstrated the effectiveness of the proposed method in terms of the accuracy of segmentation of pancreas from 3D abdominal CT images.
キーワード (和) 統計的形状モデル / セグメンテーション / グラフカット / 事前形状 / 同時最適化 / 3次元腹部CT像 / 膵臓 /  
(英) Statistical shape model / Segmentation / Graph cuts / Shape prior / Simultaneous optimization / 3D abdominal CT images / Pancreas /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 200, MI2014-35, pp. 1-5, 2014年9月.
資料番号 MI2014-35 
発行日 2014-08-26 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2014-35

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2014-09-02 - 2014-09-02 
開催地(和) 統計数理研究所 
開催地(英) The Institute of Statistical Mathematics 
テーマ(和) 医用画像解析における統計数理的手法 
テーマ(英) Statistical mathematical approaches in medical image analysis 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2014-09-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) セグメンテーションと事前形状の同時最適化のための一手法の提案と膵臓セグメンテーションへの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of an algorithm for simultaneous optimization of segmentation and a shape prior and its application to pancreas segmentation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 統計的形状モデル / Statistical shape model  
キーワード(2)(和/英) セグメンテーション / Segmentation  
キーワード(3)(和/英) グラフカット / Graph cuts  
キーワード(4)(和/英) 事前形状 / Shape prior  
キーワード(5)(和/英) 同時最適化 / Simultaneous optimization  
キーワード(6)(和/英) 3次元腹部CT像 / 3D abdominal CT images  
キーワード(7)(和/英) 膵臓 / Pancreas  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 斉藤 篤 / Atsushi Saito / サイトウ アツシ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 縄野 繁 / Shigeru Nawano / ナワノ シゲル
第2著者 所属(和/英) 国際医療福祉大学 (略称: 国際医療福祉大)
International University of Health and Welfare (略称: IUHW)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 昭伸 / Akinobu Shimizu / シミズ アキノブ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-02 10:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2014-35 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.200 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MI-2014-08-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会