お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-09-01 10:00
パターン認識におけるAdaBoostの予測誤り率改善に関する一考察
増井秀之都築遼馬宮 希望松嶋敏泰早大PRMU2014-36 IBISML2014-17
抄録 (和) AdaBoostはパターン認識において用いられるアルゴリズムで,逐次的に学習データに対する誤差が最小になるようにモデルを構成する.しかしながら,新たなデータに対する予測を考えるとき,学習データに対する誤差が最小であるモデルが適切とは限らない.それに対し,特に線形回帰の分野では様々な正則化法や変数選択法が研究されている.変数選択法のうちの変数増加法の1つとしてStagewiseがある.Stagewiseは各反復において変数を1つ選択する.このとき,それに対応するパラメータを誤差関数が最小になるように増加させるのではなく,わずかにパラメータが増加するよう更新を行うアルゴリズムで,予測誤り率を改善することが知られている. AdaBoostのモデルを線形回帰のモデルと比較して考えるとAdaBoostは変数増加法とみなすことができる.本研究では,AdaBoostにおいてStagewiseの考え方を適用することで,新たなデータに対する予測誤り率の改善について検討する. 
(英) AdaBoost is an algorithm used for pattern recognition. This algorithm successively makes the model which minimizes an error for sample data. However, to consider prediction, there is no guarantee that such model is optimum. Regarding this issue, there are many studies about regularization method and variable selection method. Forward selection method is one of the methods of variable selection and Stagewise is one of the methods of forward selection method.
Each iteration, Stagewise selects one variable. Stagewise updates parameters slightly increase and not minimizes an error for sample data. It is known that Stagewise improves the rate of a prediction error. In this research, we apply the idea of Stagewise for AdaBoost and consider improvement the rate of a prediction error.
キーワード (和) AdaBoost / stagewise / 予測誤り率 / 変数選択 / / / /  
(英) AdaBoost / stagewise / rate of a prediction error / variable selection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 198, IBISML2014-17, pp. 1-6, 2014年9月.
資料番号 IBISML2014-17 
発行日 2014-08-25 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2014-36 IBISML2014-17

研究会情報
研究会 PRMU IBISML IPSJ-CVIM  
開催期間 2014-09-01 - 2014-09-02 
開催地(和) 筑波大学 
開催地(英)  
テーマ(和) CV+PR+MLにおける情報統合,および,農業への応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2014-09-PRMU-IBISML-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パターン認識におけるAdaBoostの予測誤り率改善に関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Note on Improvement in the Rate of a Prediction Error of AdaBoost in Pattern Recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AdaBoost / AdaBoost  
キーワード(2)(和/英) stagewise / stagewise  
キーワード(3)(和/英) 予測誤り率 / rate of a prediction error  
キーワード(4)(和/英) 変数選択 / variable selection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増井 秀之 / Hideyuki Masui / マスイ ヒデユキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 都築 遼馬 / Ryoma Tsuduki / ツヅキ リョウマ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮 希望 / Nozomi Miya / ミヤ ノゾミ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 敏泰 / Toshiyasu Matsushima / マツシマ トシヤス
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-09-01 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-PRMU2014-36,IEICE-IBISML2014-17 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.197(PRMU), no.198(IBISML) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2014-08-25,IEICE-IBISML-2014-08-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会