電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-29 10:25
四成分散乱モデル分解法に基づくスペックルフィルタリングの検証
落合拓也山口芳雄山田寛喜崔 一新潟大
抄録 (和) POLSARイメージにおけるスペックルノイズは,観測ターゲットの識別・分類精度を低下させ,画像の解析を困難にする原因の1つとして知られている.
フィルタリング処理の基本原則として,同様の散乱特性を示すピクセルを選択し,平均化処理を行う.これを達成するため,まず四成分散乱モデル分解法により,ピクセルを4つの散乱カテゴリに分類し,それぞれのカテゴリ内で教師なし分類によりさらに細かくピクセルを分類する.フィルタリング処理においては,9×9のウィンドウ内の中心ピクセルと性質が類似するピクセルのみで平均化処理を行う.最終的に,提案手法では,ポイントターゲットの電力強度の保持しつつ,スペックル削減が効果的になされているかを検証する. 
(英) Speckle noise in SAR images makes the image interpretation difficult and reduces the accuracy of terrain classification. The basic principle for speckle filtering is to select pixels of the same scattering characteristics to be included in the filtering process. The algorithm first applies the Four-component scattering power decomposition to separate pixels into four dominant scattering categories, and then unsupervised classification is applied. A multilook pixel centered in a 9 × 9 window is filtered by including only pixels in the same and two neighboring classes from the same scattering category. In this paper, the effect of the speckle filtering will be discussed. This filter is effective in speckle reduction, while perfectly preserving strong point target signatures.
キーワード (和) リモートセンシング / 四成分散乱モデル分解法 / スペックルノイズ / スペックルフィルタリング / / / /  
(英) Remote Sensing / Four-component-decomposition / Speckle noise / Speckle filtering / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 194, SANE2014-56, pp. 47-52, 2014年8月.
資料番号 SANE2014-56 
発行日 2014-08-21 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE  
開催期間 2014-08-28 - 2014-08-29 
開催地(和) 新潟大学(ときめいと) 
開催地(英) Niigata University Satellite campus 
テーマ(和) レーダ,環境計測及び一般 
テーマ(英) Radar, environmental measurement and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2014-08-AP-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 四成分散乱モデル分解法に基づくスペックルフィルタリングの検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of speckle filter based on the four-component scattering power decomposition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リモートセンシング / Remote Sensing  
キーワード(2)(和/英) 四成分散乱モデル分解法 / Four-component-decomposition  
キーワード(3)(和/英) スペックルノイズ / Speckle noise  
キーワード(4)(和/英) スペックルフィルタリング / Speckle filtering  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 落合 拓也 / Takuya Ochiai / オチアイ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 崔 一 / Cui Yi / ツィ イー
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-29 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2014-56 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.194 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2014-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会