電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-29 11:15
AFF法を用いた複素誘電率推定の検討
高岡峻一新潟大)・小林弘一阪工大)・山口芳雄新潟大
抄録 (和) 本検討では,画像化レーダの一つであるArray Factor Focusing(AFF) 法を用いて,物体の複素誘電率を推定することについて検討している.当手法は,物体の複素誘電率を導出するにあたり,取得されたレーダ画像をもとにして推定を行う点に特徴があり,分布した物体の等価的な誘電率を推定できる.AFF 法では,アレーアンテナを
利用したフォーカシングにより画像を得るため,高いSN 比を実現でき,高損失な物体の比誘電率を測定できる利点がある.本検討では,AFF 法を用いた複素誘電率の推定法について,コンクリート壁をモデルとして実験をもとに検証を行った. 
(英) In this study, we discuss the estimation method of complex permittivity using by the Array Factor Focusing (AFF), which is one of the imaging radars. In this method, the equivarent permittivity of the object is
determined from radar image acquired by AFF. This method has advantages to be able to measure the permittivity of high-loss objects, because AFF can acquire radar image with SNR higher. In this study, we study the validity
of the estimation method using by AFF based on the experimantal model, and then show the result measuring the permittivity of concrete wall.
キーワード (和) イメージングレーダ / 壁透過レーダ / 複素誘電率 / 建材 / / / /  
(英) radar imaging / Through-the-wall radar / complex permittivity / building material / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 194, SANE2014-58, pp. 59-64, 2014年8月.
資料番号 SANE2014-58 
発行日 2014-08-21 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE  
開催期間 2014-08-28 - 2014-08-29 
開催地(和) 新潟大学(ときめいと) 
開催地(英) Niigata University Satellite campus 
テーマ(和) レーダ,環境計測及び一般 
テーマ(英) Radar, environmental measurement and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2014-08-AP-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) AFF法を用いた複素誘電率推定の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on the estimation of complex permittivity using by AFF method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イメージングレーダ / radar imaging  
キーワード(2)(和/英) 壁透過レーダ / Through-the-wall radar  
キーワード(3)(和/英) 複素誘電率 / complex permittivity  
キーワード(4)(和/英) 建材 / building material  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高岡 峻一 / Shun-ichi Takaoka / タカオカ シュンイチ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 弘一 / Hirokazu Kobayashi / コバヤシ ヒロカズ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-29 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2014-58 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.194 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2014-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会