電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-29 09:00
[依頼講演]インターフェロメトリーデータを用いたPi-SAR2偏波データの位相校正
森山敏文長崎大
抄録 (和) 本報告では,航空機搭載偏波合成開口レーダであるPi-SAR2の偏波データの位相校正について述べる.Pi-SAR2はX-bandの偏波合成開口レーダで,レンジ分解能が30cmに達する貴重な偏波画像データを提供する.しかし,Pi-SAR2のアンテナ構成により,シーン内で大きな標高の変化が有る場合にターゲットに起因しない位相変化が生じる.これは,Pi-SAR2の水平偏波と垂直偏波のアンテナが上下に設置されているためであり,偏波間で経路長差による位相が偏波データに加わる.そのため,偏波間の振幅と位相差を利用したデータ解析を行う場合に,正しくターゲットの情報を評価できない.Pi-SAR2は,偏波観測時にインターフェロメトリー観測も同時に行うことができる.そこで,本報告では,インターフェロメトリーデータを利用した偏波データの位相補正方法を提案し,実際のデータでその有効性を示す. 
(英) Pi-SAR2 is an X-band airborne SAR system capable of acquiring polarimetry and interferometry data, simultaneously. The bandwidth is 500MHz and its resolution is 0.3m in slant range. In this report, the phase compensation method to remove an interfering phase in Pi-SAR2 POLSAR data is proposed. This phase is induced when a steep surface is observed by the H and V polarization antennas which are vertically placed. The proposed method removes the phase errors by using the elevation data which is acquired with the slave-V antenna displaced in the cross-track direction for interferometric observation. The experimental results show the usefulness of the proposed method.
キーワード (和) POLSAR / インターフェロメトリー / 偏波 / 位相補正 / / / /  
(英) POLSAR / Interferometry / Polarization / Phase compensation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 193, AP2014-82, pp. 55-59, 2014年8月.
資料番号 AP2014-82 
発行日 2014-08-21 (AP, SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE  
開催期間 2014-08-28 - 2014-08-29 
開催地(和) 新潟大学(ときめいと) 
開催地(英) Niigata University Satellite campus 
テーマ(和) レーダ,環境計測及び一般 
テーマ(英) Radar, environmental measurement and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-08-AP-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インターフェロメトリーデータを用いたPi-SAR2偏波データの位相校正 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Phase calibration of Pi-SAR2 POLSAR data by using interferometric data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) POLSAR / POLSAR  
キーワード(2)(和/英) インターフェロメトリー / Interferometry  
キーワード(3)(和/英) 偏波 / Polarization  
キーワード(4)(和/英) 位相補正 / Phase compensation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森山 敏文 / Toshifumi Moriyama / モリヤマ トシフミ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-29 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-82,IEICE-SANE2014-53 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.193(AP), no.194(SANE) 
ページ範囲 pp.55-59(AP), pp.29-33(SANE) 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2014-08-21,IEICE-SANE-2014-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会