電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-29 12:40
[チュートリアル講演]液体中におけるアンテナ利得測定
石井 望新潟大)・浜田リラ渡辺聡一NICT
抄録 (和) 液体中では,自由空間と異なり,液体による損失が無視できず,実効波長は短くなるものの,遠方界条件を満足する距離に達する前に電磁波が到達しなくなるという問題に遭遇する.このため,液体中では,アンテナ近傍において利得測定を行わなければならない.本講演では,液体中でのアンテナ利得測定法の基本となる近傍界利得についての理論的背景および測定法について述べ,測定事例を紹介する. 
(英) The effective wavelength in the solution, becomes shorter than free space, but it is not able to ignore the loss due to the solution so that the electromagnetic wave cannot be detected before reaching to the distance which satisfies far-field condition. For this reason, it is required to estimate far-field gain from measured $S$ parameters in the near-field region of the antennas. In this paper, some methods for measuring the near-field gain immersed in the solution as well as their theoretical background are described and some expermental results are presented.
キーワード (和) 液体 / 近傍界利得 / 遠方界利得 / Friisの伝達公式 / 曲線あてはめ / / /  
(英) solution / near-field gain / far-field gain / Friis transmission formula / curve-fitting technique / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 193, AP2014-85, pp. 73-78, 2014年8月.
資料番号 AP2014-85 
発行日 2014-08-21 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE  
開催期間 2014-08-28 - 2014-08-29 
開催地(和) 新潟大学(ときめいと) 
開催地(英) Niigata University Satellite campus 
テーマ(和) レーダ,環境計測及び一般 
テーマ(英) Radar, environmental measurement and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-08-AP-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 液体中におけるアンテナ利得測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Gain Measurement of Antennas Immersed in Solutions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 液体 / solution  
キーワード(2)(和/英) 近傍界利得 / near-field gain  
キーワード(3)(和/英) 遠方界利得 / far-field gain  
キーワード(4)(和/英) Friisの伝達公式 / Friis transmission formula  
キーワード(5)(和/英) 曲線あてはめ / curve-fitting technique  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 望 / Nozomu Ishii / イシイ ノゾム
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜田 リラ / Lira Hamada / ハマダ リラ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe / ワタナベ ソウイチ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-29 12:40:00 
発表時間 50 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-85 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.193 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会