電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-29 16:05
ハイブリッド結合器と移相器を利用したWheeler効率測定の高速化
渡辺康平石井 望新潟大
抄録 (和) アンテナの放射効率の簡易測定法としてWheeler 法が知られている.測定された効率の不確かさを軽減するため,著者らはハイブリッド結合器を利用する方法について検討している.これまで任意のアンテナインピーダンスに対応させて位相を変化するために可動短絡を利用していたが,短絡位置を手動で変化させるため,測定に時間を要するという欠点があった.本稿では,可動短絡の代わりに移相器を利用することにより測定時間の短縮を図るとともに,その際の問題点について指摘する. 
(英) Wheeler method is known as a simple method of measuring radiation efficiency for small antennas. To reduce uncertainty of measured radiation efficiency, authors have examined a method of measuring reflection coefficients with a 180 degree 3 dB hybrid coupler. A sliding short can be used to change the phase of the reflection coefficient for reference standard, but it takes a lot of time to measure them because of manually adjusting the position of the sliding short. In this paper, we aim to shorten the measurement time by using a phase shifter and short instead of the sliding short and point out a problem.
キーワード (和) Wheeler法 / ハイブリッド結合器 / 移相器 / ネットワークアナライザ / 反射係数 / 放射効率 / /  
(英) Wheeler method / hybrid coupler / phase shifter / vector network analyzer / reflection coefficient / radiation efficiency / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 193, AP2014-88, pp. 91-94, 2014年8月.
資料番号 AP2014-88 
発行日 2014-08-21 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE  
開催期間 2014-08-28 - 2014-08-29 
開催地(和) 新潟大学(ときめいと) 
開催地(英) Niigata University Satellite campus 
テーマ(和) レーダ,環境計測及び一般 
テーマ(英) Radar, environmental measurement and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-08-AP-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハイブリッド結合器と移相器を利用したWheeler効率測定の高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rapid mesurement of Wheeler efficiency using hybrid coupler and phase shifter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Wheeler法 / Wheeler method  
キーワード(2)(和/英) ハイブリッド結合器 / hybrid coupler  
キーワード(3)(和/英) 移相器 / phase shifter  
キーワード(4)(和/英) ネットワークアナライザ / vector network analyzer  
キーワード(5)(和/英) 反射係数 / reflection coefficient  
キーワード(6)(和/英) 放射効率 / radiation efficiency  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 康平 / Kouhei Watanabe / ワタナベ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 望 / Nozomu Ishii / イシイ ノゾム
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-29 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-88 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.193 
ページ範囲 pp.91-94 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2014-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会