電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-29 15:05
海洋レーダによる二次元表層流観測におけるKhatri-Rao積仮想アレーの効果について
龍川卓也山田寛喜山口芳雄新潟大)・平野圭蔵伊藤浩之長野日本無線
抄録 (和) 海洋レーダは,ブラッグ散乱共鳴機構を利用して海象情報を観測するドップラレーダである.距離情報,及び速度情報をFMICW (Frequency Modulated Interrupted ContinuousWave) レーダ方式,角度情報をアレーアンテナによるDBF (Digital Beam Forming) 方式で得る海洋レーダについて考える.本稿では,Khatri-Rao (KR) 積拡張処理と呼ばれる信号処理手法を海洋レーダに適用することを考える.KR 積拡張処理は仮想的にアレーアンテナの素子数を増加させ,アンテナの開口長を変化させることなく角度分解能を向上させるものである.角度分解能の改善により近接する角度に存在するクラッタが抑圧され,ドップラ周波数の推定精度もまた向上することが報告されている.本稿では,実際の観測データにより表層流速の推定を行い,角度分解能及びドップラ周波数推定精度の改善が表層流速推定の結果に影響を与えることを示す. 
(英) Ocean surface current radar is a Doppler radar to observe oceanographic information using the Bragg scattering resonance mechanism. Distance and Doppler frequency of ocean surface current can be estimated by the FMICW (Frequency Modulated Interrupted Continuous Wave) radar. In addition, angular distribution can be resolved by digital beam forming (DBF) method. In this paper, we consider applying the Khatri-Rao (KR) product transform to the ocean surface current radar. The KR product is signal processing technique that can improve angular resolution without changing the physical aperture length of the array antenna. It has been reported that the angular resolution enhancement enables us to remove clutter in adjacent angles and Doppler frequency estimation results will be improved. In this paper, we apply the KR product array to actual experimental data set of the radar, and estimate surface current velocity. Then, we propose that the improvement of angular resolution and Doppler frequency estimation accuracy affect the result of surface current velocity estimation. Key words Ocean Surface Current Radar, DOA estimation, Khatri-Rao product, Resolution Improvement, Suface currant velocity estimation.
キーワード (和) 海洋レーダ / DOA推定 / Khatri-Rao積 / 分解能改善 / 表層流速推定 / / /  
(英) Ocean Surface Current Radar / DOA estimation / Khatri-Rao product / Resolution Improvement / Surface Current Velocity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 194, SANE2014-62, pp. 83-88, 2014年8月.
資料番号 SANE2014-62 
発行日 2014-08-21 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE  
開催期間 2014-08-28 - 2014-08-29 
開催地(和) 新潟大学(ときめいと) 
開催地(英) Niigata University Satellite campus 
テーマ(和) レーダ,環境計測及び一般 
テーマ(英) Radar, environmental measurement and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2014-08-AP-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 海洋レーダによる二次元表層流観測におけるKhatri-Rao積仮想アレーの効果について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Khatri-Rao Virtual Array for 2D Surface Current Estimation Using Ocean Surface Current Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海洋レーダ / Ocean Surface Current Radar  
キーワード(2)(和/英) DOA推定 / DOA estimation  
キーワード(3)(和/英) Khatri-Rao積 / Khatri-Rao product  
キーワード(4)(和/英) 分解能改善 / Resolution Improvement  
キーワード(5)(和/英) 表層流速推定 / Surface Current Velocity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 龍川 卓也 / Takuya Ryukawa / リュウカワ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平野 圭蔵 / Keizo Hirano / イトウ ケイゾウ
第4著者 所属(和/英) 長野日本無線株式会社 (略称: 長野日本無線)
Nagano Japan Radio Co., Ltd. (略称: Nagano JRC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 浩之 / Hiroyuki Ito / イトウ ヒロユキ
第5著者 所属(和/英) 長野日本無線株式会社 (略称: 長野日本無線)
Nagano Japan Radio Co., Ltd. (略称: Nagano JRC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-29 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2014-62 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.194 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2014-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会