電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-28 14:35
Khatri-Rao積仮想アレーを用いたMIMOドップラレーダによる屋内人物位置推定に関する検討
若松洋介山田寛喜山口芳雄新潟大
抄録 (和) マンロケーション管理,セキュリティ対策などの需要から,人物を対象とした屋内位置推定システムが注目されている.電波を用いたセンシング技術のひとつとして,アレーアンテナを用いたレーダシステムによる屋内位置推定がある.この手法では,電波到来方向と基地局・ターゲット間距離を推定し,位置推定を行う.これらのアプリケーションではレーダの分解能が重要な要素となるが,素子数の増加や周波数帯域幅を広げることはハードウェアの複雑化につながる.この問題を解決するため,MIMOレーダ,Khatri-Rao積仮想アレー処理を用いた屋内位置推定について検討を行う.これらの技術は仮想的に素子数を増加させることが可能で,分解能を向上させることができる.また,高分解能な推定手法であるMUSIC法を用いた屋内人物位置推定の検討も行う.本稿では,これらの手法を用いることで,高分解能な屋内位置推定が可能となることを実験により示す. 
(英) Recently, Indoor location estimation of persons has been attracting attention for man-location monitoring and home security. There are many kinds of systems for the purpose. Array rader system is one of the promising systems among them.Target position is estimated by direction-of-arrival and distance between target and radar. In such applications, angular and range resolutions are important. However, to increase the number of elements and to use wide frequency band lead to complex hardware. In order to solve this problem, we employ a MIMO radar and the Khatri-Rao product virtual array. These techniques increase the number of elements virtually, and enhance angular resolution. We also apply the MUSIC Method which is superresolution technique. In this report, we will show that these techniques realize high resolution indoor location estimation of persons.
キーワード (和) 屋内位置推定 / MIMOレーダ / ドップラレーダ / DOA推定 / Khatri-Rao積 / / /  
(英) Indoor Location Estimation / MIMO Radar / Doppler Radar / DOA Estimation / Khatri-Rao product / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 193, AP2014-79, pp. 39-44, 2014年8月.
資料番号 AP2014-79 
発行日 2014-08-21 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE  
開催期間 2014-08-28 - 2014-08-29 
開催地(和) 新潟大学(ときめいと) 
開催地(英) Niigata University Satellite campus 
テーマ(和) レーダ,環境計測及び一般 
テーマ(英) Radar, environmental measurement and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-08-AP-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Khatri-Rao積仮想アレーを用いたMIMOドップラレーダによる屋内人物位置推定に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Indoor Human Location Estimation using MIMO Doppler Radar with Khatri-Rao Product Virtual Array 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 屋内位置推定 / Indoor Location Estimation  
キーワード(2)(和/英) MIMOレーダ / MIMO Radar  
キーワード(3)(和/英) ドップラレーダ / Doppler Radar  
キーワード(4)(和/英) DOA推定 / DOA Estimation  
キーワード(5)(和/英) Khatri-Rao積 / Khatri-Rao product  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若松 洋介 / Yosuke Wakamatsu / ワカマツ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 寛喜 / Hiroyoshi Yamada / ヤマダ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 芳雄 / Yoshio Yamaguchi / ヤマグチ ヨシオ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-28 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-79 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.193 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会