電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-28 13:10
[依頼講演]データ分割による地表設置型合成開口レーダ大気補正のためのCS検知法
高橋一徳東北大)・松本正芳パスコ)・佐藤源之東北大
抄録 (和) 地表設置型合成開口レーダ(GB-SAR)は原理的に数十分の一ミリ程度の精度で対象物の変動を計測できる手法であるが,大気変動の影響を受けてしまうため,高精度な計測を行うためには大気補正が必要となる.一般的に計測範囲中のコヒーレントな散乱点(CS) を用いて大気補正が行われるが,本報告では新たなCS検知法を提案する.本手法では,一つのシーンを2つのデータに分割し,それぞれのサブ合成開口画像同士の複素相関を計算することでCSを検知する.屋外実験による検証では,設置した三面反射鏡をCSとして正しく検知することができ,また対象物の変動量も高精度に計測することができた.本手法では,一つのシーンのみを用いてCS検知を実現できるため,従来用いられてきた複数シーンを用いる手法に比べて迅速な対象物の変動検知ができるという利点を持つ. 
(英) Ground-based synthetic aperture radar (GB-SAR) interferometry is principally capable of capturing a few tenths of millimeters; however, it requires atmospheric correction to achieve higher accuracy. A method is based on coherent scatterers (CSs). In this paper, a newly proposed method for the detection of CSs is discussed. The method detects CSs by taking the complex coherence of two SAR sub-images, which are formed by interleaving one data set and applying SAR processing respectively. An outdoor experiment illustrated that the method can successfully detects corner reflectors as CSs, and the movement of a target can accurately be measured. Since the method requires only one data set acquired at the analyzing time instance, it has an advantage in the real-time detection of target movements over a conventional method that requires number of data sets.
キーワード (和) 大気補正 / コヒーレント散乱体 / 地表設置型合成開口レーダ(GB-SAR) / モニタリング / / / /  
(英) Atmospheric correction / coherent scatterer (CS) / ground-based synthetic aperture radar (GB-SAR) / monitoring / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 193, AP2014-76, pp. 25-30, 2014年8月.
資料番号 AP2014-76 
発行日 2014-08-21 (AP, SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE  
開催期間 2014-08-28 - 2014-08-29 
開催地(和) 新潟大学(ときめいと) 
開催地(英) Niigata University Satellite campus 
テーマ(和) レーダ,環境計測及び一般 
テーマ(英) Radar, environmental measurement and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2014-08-AP-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データ分割による地表設置型合成開口レーダ大気補正のためのCS検知法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) CS detection based on interleaved sub-images for the atmospheric correction of GB-SAR interferometry 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大気補正 / Atmospheric correction  
キーワード(2)(和/英) コヒーレント散乱体 / coherent scatterer (CS)  
キーワード(3)(和/英) 地表設置型合成開口レーダ(GB-SAR) / ground-based synthetic aperture radar (GB-SAR)  
キーワード(4)(和/英) モニタリング / monitoring  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 一徳 / Kazunori Takahashi / タカハシ カズノリ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 正芳 / Masayoshi Matsumoto / マツモト マサヨシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社パスコ (略称: パスコ)
PASCO Corporation (略称: PASCO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 源之 / Motoyuki Sato / サトウ モトユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-28 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2014-76,IEICE-SANE2014-51 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.193(AP), no.194(SANE) 
ページ範囲 pp.25-30(AP), pp.19-24(SANE) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2014-08-21,IEICE-SANE-2014-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会