お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-25 15:45
横須賀市走水港において採取したテッポウエビ発生音の指向性および音源強度変動の計測
森 和義小笠原英子中村敏明防衛大US2014-39
抄録 (和) テッポウエビは周囲雑音イメージングにおける格好の音源になり,その音響特性を把握することは重要である.筆者らは,以前より横須賀市走水港において採取された個体を用いて,研究室環境下にて発生音の計測を行ってきた.その際には,カゴの中で動き回るテッポウエビの音源強度を計測したが,その変動幅は20 dBにもなる個体もあった.仮に,テッポウエビ発生音に指向性が有る場合には,テッポウエビの向きによって計測される音源強度が大きく変わる可能性がある.本研究では,2012年に採取された8個体のテッポウエビを用いて指向性の計測を行った.ここでは,対象個体の向きを固定し,その回りに複数のハイドロフォンで取り囲んで音源強度を計測することで指向性を求めた.その結果,指向性パターン内の音源強度のばらつきは最大でも7 dB程度であり,顕著な指向性は見られなかった.各個体での発音毎の強度変動を見ると,最大で22 dB程度であった.従って,テッポウエビ発生音の強度変動は,指向性によるものでなく,発音毎の強弱によるものであることが分かった.さらに2013年に採取された14個体の発生音を計測し,波形と音源強度との関係を調べたところ,音源強度が小さい場合には,テッポウエビ発生音の固有波形の一部であるメインパルスが欠損していることが分かった. 
(英) It is important to survey biological transient noises produced by snapping shrimp, which may be the main noise sources in ambient noise imaging (ANI) applications in coastal waters. The authors had gathered some samples of snapping shrimps in Hashirimizu Port at Yokosuka, and had measured those sounds in a laboratory conditions, previously. Then, the variation of the source level, which is the difference between maximum and minimum, had attained about 20 dB when the samples were walking around in the small cage. If the sound produced by snapping shrimp has directivity, the source level may be varied by the direction of the sample. In this study, we measured the directivities of sound produced by 8 samples of snapping shrimps gathered in 2012. Here, the directions of samples were fixed. The directivities were measured by multiple hydrophones placed around the samples. There was no remarkable directivity in the measurement results, because the variations in the directivity patterns were about 7 dB at most. Here, the variation of source level at individual sample was about 22 dB at most. Thus, it was supposed that the strength and weakness of the sound produced by each sample originated the variation of source level, but the directivity did not. Additionally, we measured the relationships between the waveforms and the source levels produced by 14 samples gathered in 2013. When the source level was weak, the main pulse, which is a part of specific waveform produced by snapping shrimp, was missing.
キーワード (和) 海中周囲雑音 / 生物雑音 / テッポウエビ / 指向性 / 音源レベル / / /  
(英) Ocean Ambient Noise / Biological Noise / Snapping Shrimp / Directivity / Source Level / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 190, US2014-39, pp. 35-38, 2014年8月.
資料番号 US2014-39 
発行日 2014-08-18 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2014-39

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2014-08-25 - 2014-08-25 
開催地(和) 東京工業大学 大岡山キャンパス 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology, Ookayama Campus 
テーマ(和) 水中音響,一般
(共催:海洋音響学会) 
テーマ(英) Underwater Acoustics, General(Co-Organization:The Marine Acoustics Society of Japan) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2014-08-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 横須賀市走水港において採取したテッポウエビ発生音の指向性および音源強度変動の計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of directivity and source level variation for sound produced by snapping shrimp gathered in Hashirimizu Port at Yokosuka 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海中周囲雑音 / Ocean Ambient Noise  
キーワード(2)(和/英) 生物雑音 / Biological Noise  
キーワード(3)(和/英) テッポウエビ / Snapping Shrimp  
キーワード(4)(和/英) 指向性 / Directivity  
キーワード(5)(和/英) 音源レベル / Source Level  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 和義 / Kazuyoshi Mori / モリ カズヨシ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小笠原 英子 / Hanako Ogasawara / オガサワラ ハナコ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 敏明 / Toshiaki Nakamura / ナカムラ トシアキ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-25 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2014-39 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.190 
ページ範囲 pp.35-38 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2014-08-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会