電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-23 11:30
共同創作活動におけるコミュニケーション行動 ~ 性別による比較 ~
西本光志正田 悠阪田真己子同志社大)・鈴木紀子帝塚山大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 完成図のない作品創作を複数人で行う共同創作活動におけるコミュニケーションの性差を調べた.コミュニケーション行動が作品に与える影響についても検証した.3人1組のグループ11組に対し,LEGO®ブロックで城を共同で作る実験を実施し,その際のコミュニケーション行動を定量的に分析した.その結果,女性は他の共同作業者との親和性を重視し,コミュニケーション行動は作品にあまり反映されなかった.反対に,男性は作品の完成度を高めるために相談をよく行い,完成度や好感度で女性より高い評価をされたが,作業の満足度は女性より低かった.また,男女問わず雑談が独創性に寄与していることがわかった. 
(英) We explored communicative activities across men and women in collaborative activity where multiple agents create objects without any blueprint. We also examined how each object was evaluated as a function of communicative activities. In the experiment, three participants per group (N = 33) created together a castle with Lego® sets, whose activities were encoded. Results showed that women tend to construct good friendship with each other, so that the amount of activity is not reflected in the quality of objects. In contrast, men discuss well with each other to achieve their own perfection, resulting that the created objects are evaluated better, although creators are likely to be unsatisfied. Creators’ chats contribute to the originality of products regardless of the sex.
キーワード (和) 共同創作活動 / コミュニケーション / 性差 / / / / /  
(英) Collaborative Creative Activity / Communication / Sex Difference / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 189, HCS2014-51, pp. 47-50, 2014年8月.
資料番号 HCS2014-51 
発行日 2014-08-15 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-08-22 - 2014-08-23 
開催地(和) 立命館大学朱雀キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) コミュニケーションと雰囲気および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 共同創作活動におけるコミュニケーション行動 
サブタイトル(和) 性別による比較 
タイトル(英) Communication in Collaborative Creative Activity 
サブタイトル(英) The Sexual Differences 
キーワード(1)(和/英) 共同創作活動 / Collaborative Creative Activity  
キーワード(2)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(3)(和/英) 性差 / Sex Difference  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西本 光志 / Koshi Nishimoto / ニシモト コウシ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 正田 悠 / Haruka Shoda / ショウダ ハルカ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 真己子 / Mamiko Sakata / サカタ マミコ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 紀子 / Noriko Suzuki / スズキ ノリコ
第4著者 所属(和/英) 帝塚山大学 (略称: 帝塚山大)
Tezukayama university (略称: Tezukayama univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-23 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-51 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HCS-2014-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会