電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-23 16:50
ロボットとのインタラクションにおいてユーザの評価頻度がロボットの印象に与える影響
佐久間拓人加藤昇平名工大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 本研究では,ユーザの好みを反映しユーザにとってより良いインタラクションを創発することで,ユーザのシステムに対する印象が向上し,継続的に使用可能なヒューマンインタラクションシステムの開発を目指している.ユーザとシステムはインタラクションを行い,ユーザはシステムと行ったインタラクションに対し評価を与え,システムはそれを動的に学習する.これによりシステムはユーザにとってより良いインタラクションを創発できるインタラクションルールを獲得する.本稿では先行研究において行った擬人化エージェントを用いた「ボールを使ったやりとり遊び」を題材としたインタラクション実験の結果に対して再評価を行い,提案手法の有効性を検証する. 
(英) We focused our attention on interactions for purpose of enjoying communication. We believe that it is necessary to reflect the tendency of users to interact so that they have more positive impressions of systems through such interactions. This research was aimed at developing a human interaction system that reflects the tendency of users. Users evaluate the interaction between themselves the system, which the system learns dynamically. The system then creates better interactions for users.
Thereby, impressions of the system by users improve. We focused attention on turn-taking play using a ball, and assessed the effectiveness of the proposed method in an experiment on evaluating sensitivity.
キーワード (和) インタラクション / All-Combinatorial N-gram / やりとり遊び / ユーザ評価傾向 / 感性評価 / / /  
(英) interaction / all-combinatorial N-grams / turn-taking play / tendencies in user evaluations / evaluating sensitivity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 189, HCS2014-58, pp. 85-90, 2014年8月.
資料番号 HCS2014-58 
発行日 2014-08-15 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-08-22 - 2014-08-23 
開催地(和) 立命館大学朱雀キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) コミュニケーションと雰囲気および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ロボットとのインタラクションにおいてユーザの評価頻度がロボットの印象に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) User's Impression of Robot Under the Imfluence of Evaluation Frequency during Interaction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インタラクション / interaction  
キーワード(2)(和/英) All-Combinatorial N-gram / all-combinatorial N-grams  
キーワード(3)(和/英) やりとり遊び / turn-taking play  
キーワード(4)(和/英) ユーザ評価傾向 / tendencies in user evaluations  
キーワード(5)(和/英) 感性評価 / evaluating sensitivity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐久間 拓人 / Takuto Sakuma / サクマ タクト
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 昇平 / Shohei Kato / カトウ ショウヘイ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-23 16:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-58 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2014-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会