電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-23 11:00
ラジオにおけるオープンコミュニケーション ~ 初心者と経験者の比較 ~
大島 優正田 悠阪田真己子同志社大)・鈴木紀子帝塚山大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 数名での対話形式を取りながらも,第三者への情報伝達を目的・可能としたコミュニケーション構造は「オープンコミュニケーション」と呼ばれている.ラジオのように,聞き手であるリスナーに直接見られることなく,音声のみ伝わる場合でもオープンコミュニケーションは成立する.これは,ラジオが数名での対話形式を取りながら,リスナーである第三者へ情報伝達を行っているためである.本研究では,聞き手に視覚情報が与えられないオープンコミュニケーションであるラジオの話者の振る舞いに着目し,聞き手に視覚情報が与えられる状況(公開録音)との比較からその特徴を明らかにする.またラジオパーソナリティの経験者ペアと初心者ペアの比較を行い,ラジオパーソナリティ独自の“スキル”という観点からも考察を行う. 
(英) “Open communication” is a type of performers-to-audience communication in which audience members perceive indirect messages from direct conversation among performers. Even in a situation such as a radio-duo show where audience members cannot directly “look” at personalities, open communication is constructed via vocal information, in that listeners perceive the interactive conversation between the personalities. In the present study, we explored speakers’ communicative activities (e.g., utterance duration, gesture) in a pseudo-radio setting, across novice and skilled speakers as well as across audience-present and audience-absent recordings, which would show the features of open communication without visual information.
キーワード (和) ラジオ放送 / オープンコミュニケーション / 公開/非公開録音 / 話し手のスキル / 非言語行動 / / /  
(英) Radio Talk / Open Communication / Audience-Present/Absent Recording / Talking Skill / Nonverbal Behavior / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 189, HCS2014-50, pp. 41-45, 2014年8月.
資料番号 HCS2014-50 
発行日 2014-08-15 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-08-22 - 2014-08-23 
開催地(和) 立命館大学朱雀キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) コミュニケーションと雰囲気および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラジオにおけるオープンコミュニケーション 
サブタイトル(和) 初心者と経験者の比較 
タイトル(英) Multi-modal Analyses of Open Communication in the Radio Talk 
サブタイトル(英) Comparison between Novice and Skilled Speakers 
キーワード(1)(和/英) ラジオ放送 / Radio Talk  
キーワード(2)(和/英) オープンコミュニケーション / Open Communication  
キーワード(3)(和/英) 公開/非公開録音 / Audience-Present/Absent Recording  
キーワード(4)(和/英) 話し手のスキル / Talking Skill  
キーワード(5)(和/英) 非言語行動 / Nonverbal Behavior  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大島 優 / Yu Oshima / オオシマ ユウ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 正田 悠 / Haruka Shoda / ショウダ ハルカ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 真己子 / Mamiko Sakata / サカタ マミコ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 紀子 / Noriko Suzuki / スズキ ノリコ
第4著者 所属(和/英) 帝塚山大学 (略称: 帝塚山大)
Tezukayama University (略称: Tezukayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-23 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-50 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.41-45 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-HCS-2014-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会