電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-22 16:30
有害事象説明実習のコミュニケーション分析
関 進作間未織森本 剛兵庫医科大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 我々は,緊張感の高い状況下で学生が自分自身で考え行動することで,新たな行動様式が形成されることを企図し有害事象説明実習を提案している.これはロールプレイング型実習で,医学生が医師に扮し,特別に訓練された患者家族役に対して有害事象(医療上の行為や管理が患者に健康被害を及ぼした事態)の説明を行うものである.我々はこのとき医学生の内面に発生する困惑が行動様式形成に重要な役割を果たすと考えている.質問紙の結果と実習中の様子を撮影したビデオ分析から,困惑が説明全体の完成度についての自己評価と負の相関を持つこと,また,相手の顔を見る時間とは正の相関を持つことを明らかにした. 
(英) We proposed an education method which was a kind of roll playing trainings. Two roles were in a play; one was a doctor in charge, and the other was a member of patient's family. The doctors were played by the medical students The students were required to explain adverse event cases. The medical students have to decide how they act in an atmosphere of tension. We examined the students behavior and mind using questionnaires and video analysis. We found their self rating of "feeling bewildered" has negative correlation with the self rating of "global quality of explanation" and positive correlation with the time of watching the face of patients families players.
キーワード (和) 行動教育 / 困惑 / コミュニケーション / 有害事象 / 医療安全 / / /  
(英) Behavior education / Feeling bewildered / Communication / adverse events / patient safety / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 189, HCS2014-47, pp. 25-28, 2014年8月.
資料番号 HCS2014-47 
発行日 2014-08-15 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2014-08-22 - 2014-08-23 
開催地(和) 立命館大学朱雀キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) コミュニケーションと雰囲気および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2014-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 有害事象説明実習のコミュニケーション分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of disclosure training of adverse events 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 行動教育 / Behavior education  
キーワード(2)(和/英) 困惑 / Feeling bewildered  
キーワード(3)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(4)(和/英) 有害事象 / adverse events  
キーワード(5)(和/英) 医療安全 / patient safety  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 進 / Susumu Seki / セキ ススム
第1著者 所属(和/英) 兵庫医科大学 (略称: 兵庫医科大)
Hyogo College of Medicine (略称: Hyogo Coll. of Med.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 作間 未織 / Mio Sakuma / サクマ ミオ
第2著者 所属(和/英) 兵庫医科大学 (略称: 兵庫医科大)
Hyogo College of Medicine (略称: Hyogo Coll. of Med.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 剛 / Takeshi Morimoto / モリモト タケシ
第3著者 所属(和/英) 兵庫医科大学 (略称: 兵庫医科大)
Hyogo College of Medicine (略称: Hyogo Coll. of Med.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-22 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2014-47 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HCS-2014-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会