電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-22 15:55
プリント基板上に設置した対象物の基本力学パラメータの評価方法(6) ~ 外力の作用時間の効果 ~
和田真一越田圭治久保田洋彰TMCシステム)・澤 孝一郎日本工大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2014-54 CPM2014-69 OPE2014-79 LQE2014-53
抄録 (和) 著者らは,前報で,入力波を正弦波および矩形波とした場合の過渡応答および定常応答について,理論入力波をフーリエ級数展開した場合の理論入力波および出力波を求め,入力波の特性によりシステムの動力学特性が出力波に影響を与え,特に矩形波入力の場合は,この傾向が顕著であることを示した.矩形波の $r$ 値($=tau/T$)を0.005より小さくすることで,ハンマリング加振機構により与える力は,Delta関数に近似できることを示し,擬衝撃波応答を生起させられることを示した.
本論文では,入力波に擬衝撃波(作用時間は有限であるが小さい)を加え,上記の入出力応答特性に対する理論的考察を拡大する.
また,擬衝撃波入力に対する対象物の出力特性に関する基礎的・実験的な解析を行う.さらに,このr値を検証することで,電気接点の劣化現象における過程解析を行い得る可能性を示す.そして,このことにより,動力学パラメータを評価することができ,電気接点の劣化現象における過程解析を行い得る可能性を示す. 
(英) Authors have obtained the transient response and steady-state one using theoretical inputs developed by Fourier series and the analytical outputs when input waveforms are sinusoidal and rectangular. Following the characteristics of input waveform, the kinetic nature of the system has the effects on the output waveform, which are remarkable in case of rectangular input. It has been shown that the time-series force, which is obtained by hammering oscillation mechanism, is approximated to delta function, and that quasi-impulsive response occurs by the force if the value "r (=τ/T)" of rectangular waveform is smaller than 0.005.
In this paper, they extend the above theoretical discussion on the characteristics between inputs and outputs in addition to a quasi-impulsive wave whose application time is finite but very short. Next they consider theoretically and experimentally the characteristics of the output against the quasi-impulsive input when the external impulsive force applies to the system. In addition, they discuss a possible analysis for the process of degradation phenomenon of electrical contacts by examining the value "r". And it is shown that there are the dynamical parameters to be evaluated and the process of the degradation phenomenon to be analysed.
キーワード (和) 電気接点 / 微小振動 / フーリエ解析 / 衝突機構 / 荷重 / 接触時間 / 力積 /  
(英) electrical contact / micro-oscillation / Fourier analysis / collision mechanism / load / contact time / impulse /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 184, EMD2014-54, pp. 133-138, 2014年8月.
資料番号 EMD2014-54 
発行日 2014-08-14 (R, EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD LQE OPE CPM R  
開催期間 2014-08-21 - 2014-08-22 
開催地(和) 小樽経済センター 
開催地(英) Otaru Economy Center 
テーマ(和) 光部品・電子デバイス実装技術・信頼性、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2014-08-EMD-LQE-OPE-CPM-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プリント基板上に設置した対象物の基本力学パラメータの評価方法(6) 
サブタイトル(和) 外力の作用時間の効果 
タイトル(英) An Evaluating Method for Fundamental Dynamical Parameters of Objects on a Printed Circuit Board (PCB) (6) 
サブタイトル(英) The effect by application time of external force 
キーワード(1)(和/英) 電気接点 / electrical contact  
キーワード(2)(和/英) 微小振動 / micro-oscillation  
キーワード(3)(和/英) フーリエ解析 / Fourier analysis  
キーワード(4)(和/英) 衝突機構 / collision mechanism  
キーワード(5)(和/英) 荷重 / load  
キーワード(6)(和/英) 接触時間 / contact time  
キーワード(7)(和/英) 力積 / impulse  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 真一 / Shin-ichi Wada / ワダ シンイチ
第1著者 所属(和/英) TMCシステム株式会社 (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 越田 圭治 / Keiji Koshida / コシダ ケイジ
第2著者 所属(和/英) TMCシステム株式会社 (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 洋彰 / Hiroaki Kubota / クボタ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) TMCシステム株式会社 (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤 孝一郎 / Koichiro Sawa / サワ コウイチロウ
第4著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-22 15:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-R2014-49,IEICE-EMD2014-54,IEICE-CPM2014-69,IEICE-OPE2014-79,IEICE-LQE2014-53 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.183(R), no.184(EMD), no.185(CPM), no.186(OPE), no.187(LQE) 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2014-08-14,IEICE-EMD-2014-08-14,IEICE-CPM-2014-08-14,IEICE-OPE-2014-08-14,IEICE-LQE-2014-08-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会