電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-22 16:15
微摺動機構を用いた電気接点劣化現象 ~ 最小摺動振幅に対する比較評価 ~
和田真一越田圭治久保田洋彰TMCシステム)・澤 孝一郎日本工大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2014-55 CPM2014-70 OPE2014-80 LQE2014-54
抄録 (和) 著者らは,ピエゾアクチュエータと弾性ヒンジ機構により,電気接点に直接往復微摺動もたらす機構を開発してきた.
本論文では,これ以下ではほとんど接点劣化はおきないがこれ以上ではたいてい接点劣化が起きるという最小摺動振幅が存在することを示す.
実験条件は,2種類の入力波形・3種類のオスピン-メスピン間の摩擦力・ピンの数,である.実験後,統計処理をすることで,未処理の評価値をわずかに修正し,さらに,各評価値に対して両側95%信頼区間値算出する.
これにより,上記実験条件における,統計的に有意な最小摺動振幅評価値を示す. 
(英) Authors have developed a mechanism which supplies reciprocal micro-sliding to electrical contacts directly driven by a piezo-electric actuator and four elastic hinges.
In this paper, it is indicated that there are the minimal sliding amplitudes under which there is rarely degradation phenomenon and over which there is mostly degradation phenomenon in the following conditions.
The conditions are two types of input waveform, three levels of frictional force between male-pins and female-parts, and the number of pins.
After statistical process, the evaluated values are changed slightly to another values. Moreover, each value of two-sided 95% confidence interval is calculated respectively.
It is indicated that statistically significant minimal sliding amplitudes are evaluated by the process.
キーワード (和) 電気接点 / 微摺動機構 / ピエゾアクチュエータ / 弾性ヒンジ / 摩擦力 / 最小振幅 / 統計解析 /  
(英) electrical contact / micro-sliding mechanism / piezo-actuator / elastic hinge / frictional force / minimal sliding amplitude / statistical analysis /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 184, EMD2014-55, pp. 139-144, 2014年8月.
資料番号 EMD2014-55 
発行日 2014-08-14 (R, EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD LQE OPE CPM R  
開催期間 2014-08-21 - 2014-08-22 
開催地(和) 小樽経済センター 
開催地(英) Otaru Economy Center 
テーマ(和) 光部品・電子デバイス実装技術・信頼性、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2014-08-EMD-LQE-OPE-CPM-R 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 微摺動機構を用いた電気接点劣化現象 
サブタイトル(和) 最小摺動振幅に対する比較評価 
タイトル(英) Degradation Phenomenon of Electrical Contacts by a Micro-Sliding Mechanism 
サブタイトル(英) The comparison of the evaluated minimal sliding amplitudes 
キーワード(1)(和/英) 電気接点 / electrical contact  
キーワード(2)(和/英) 微摺動機構 / micro-sliding mechanism  
キーワード(3)(和/英) ピエゾアクチュエータ / piezo-actuator  
キーワード(4)(和/英) 弾性ヒンジ / elastic hinge  
キーワード(5)(和/英) 摩擦力 / frictional force  
キーワード(6)(和/英) 最小振幅 / minimal sliding amplitude  
キーワード(7)(和/英) 統計解析 / statistical analysis  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 真一 / Shin-ichi Wada / ワダ シンイチ
第1著者 所属(和/英) TMCシステム株式会社 (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 越田 圭治 / Keiji Koshida / コシダ ケイジ
第2著者 所属(和/英) TMCシステム株式会社 (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 洋彰 / Hiroaki Kubota / クボタ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) TMCシステム株式会社 (略称: TMCシステム)
TMC System Co. Ltd. (略称: TMC System)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤 孝一郎 / Koichiro Sawa / サワ コウイチロウ
第4著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: Nippon Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-22 16:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-R2014-50,IEICE-EMD2014-55,IEICE-CPM2014-70,IEICE-OPE2014-80,IEICE-LQE2014-54 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.183(R), no.184(EMD), no.185(CPM), no.186(OPE), no.187(LQE) 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2014-08-14,IEICE-EMD-2014-08-14,IEICE-CPM-2014-08-14,IEICE-OPE-2014-08-14,IEICE-LQE-2014-08-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会