電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-19 13:00
インテリジェント拡声システムにおけるタイミング制御に与える誤差要因の検討
小野口 平村上 弾苣木禎史熊本大EA2014-12
抄録 (和) 本稿では,既存の屋外拡声システムにおいて放射音の明瞭度を低下させる要因の 1 つである,隣接スピーカ間の放射音重複を低減する放射タイミング制御手法を提案する。
本稿では,拡声システムの入力から受聴点までの経路のうち,システムの入力から出力までに着目し,スピーカから受聴点までの伝達関数は単純化し,距離のみに依存する減衰項及び遅延項のみから構成されると仮定する。その上で,拡声システムにおける,受聴点での信号対妨害音比の観点から最適な放射タイミングを導出し,
その放射タイミングを実現する制御のモデルを,1 対のスピーカについて,1 つの市町村区域に存在するスピーカの集合についてそれぞれ示し,それらのモデルを実現する,放射タイミング制御手法を提案する。
提案手法において,各ノードは制御に必要な情報を収集し,ネットワークを用いて他のノードと共有する。そして,その情報に基づき,各ノードが自律的に放射タイミングを決定する。
さらに本稿では,提案手法における放射タイミング制御が含む,誤差要因について
実測値をもとに検討を行う。 
(英) In public addressing with outdoor loudspeakers, to achieve a public address system with sufficient intelligibility for residents,one important factor is to suppress sound overlapping caused by other nodes.
In this paper, an emission timing control method to minimize sound overlapping for a public address system is proposed.
In this method, delay between input and output of a public address system is focused on.
Each node collects and shares required information for timing control via network and determines its emission timing by itself.
Error factors in a public address system with proposed method are investigated.
キーワード (和) 屋外拡声装置 / 音情報重複 / 放射タイミング制御 / 誤差要因 / ネットワーク / / /  
(英) public address system / sound overlapping / emission timing control / error factor / network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 178, EA2014-12, pp. 1-6, 2014年8月.
資料番号 EA2014-12 
発行日 2014-08-12 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2014-12

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2014-08-19 - 2014-08-20 
開催地(和) 東北学院大学 多賀城キャンパス 
開催地(英) Tohoku Gakuin Univ. 
テーマ(和) 応用/電気音響,音楽音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Musical Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2014-08-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インテリジェント拡声システムにおけるタイミング制御に与える誤差要因の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on error factors in emission timing control of an intelligent loudspeaker system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 屋外拡声装置 / public address system  
キーワード(2)(和/英) 音情報重複 / sound overlapping  
キーワード(3)(和/英) 放射タイミング制御 / emission timing control  
キーワード(4)(和/英) 誤差要因 / error factor  
キーワード(5)(和/英) ネットワーク / network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野口 平 / Taira Onoguchi / オノグチ タイラ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 弾 / Dan Murakami / ムラカミ ダン
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 苣木 禎史 / Yoshifumi Chisaki / チサキ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-19 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2014-12 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.178 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2014-08-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会