お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-19 16:15
[特別講演]宇宙機近傍への無線技術の応用
戸田知朗JAXASAT2014-33 RCS2014-145
抄録 (和) 宇宙機近傍に焦点を当てた無線技術を紹介する.近傍のスケールは数mから数1000kmまで及び,目的に応じて様々に通信方式が適用されている.また,無線技術を借りて距離や速度計測も合わせ実施されているのが通常である.このような無線技術についての最適化は通信本意というわけに行かず,宇宙機という限られた資源にあって,いかに目的を達するかという視点でシステム全体を見通さねば理解できないケースが多い.一例としてSCOPE計画を取り上げ,方式の選択から技術開発までの流れを俯瞰してみたい.宇宙機へ適用される技術がミッション指向と言われる一面を理解いただけると思う.更に近年,宇宙機間を繋ぐ以外にも,宇宙機内に閉じた空間において無線技術の適用が始まろうとしている.我々が”Space Wireless”と呼ぶ計装無線化技術の目的と効果,そして将来にあるべき方向性についても論じたい. 
(英) We will discuss wireless technologies with emphasis on spacecraft proximity links. The proximity in space covers a link distance from several meters to thousands kilometers. Various telecommunication schemes have been designed for and applied to spacecraft for the proximity links. Those wireless links usually offers line-of-sight ranging and velocity measurement capability, too. It is important to know that their specification is not simply determined by themselves. Within strict constraints on onboard resource allocations like mass, power, and dimensions, the systematic point of view considering a total spacecraft system is also necessary. We will introduce SCOPE mission in this paper, as an example to take a look at the process of such a systematic optimization. It will help you to understand a mission-oriented development of space technologies. In recent years, in addition to inter-spacecraft wireless technologies, intra-spacecraft ones have been within a scope of practical applications. We will also discuss them to remove wire harness within a spacecraft, especially on their purpose and effectiveness, and their future applications.
キーワード (和) 宇宙機 / 無線通信 / 近傍 / 計装無線化 / / / /  
(英) spacecraft / wireless technology / proximity link / wireless harness / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 179, SAT2014-33, pp. 45-50, 2014年8月.
資料番号 SAT2014-33 
発行日 2014-08-12 (SAT, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2014-33 RCS2014-145

研究会情報
研究会 SAT RCS  
開催期間 2014-08-19 - 2014-08-20 
開催地(和) 高知市文化プラザかるぽーと 
開催地(英) Kochi City Cultura-Plaza CUL-PORT 
テーマ(和) 移動衛星通信、放送、誤り訂正、無線通信一般 
テーマ(英) Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2014-08-SAT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 宇宙機近傍への無線技術の応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of Wireless Technologies to Spacecraft Proximity Link 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 宇宙機 / spacecraft  
キーワード(2)(和/英) 無線通信 / wireless technology  
キーワード(3)(和/英) 近傍 / proximity link  
キーワード(4)(和/英) 計装無線化 / wireless harness  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 知朗 / Tomoaki Toda /
第1著者 所属(和/英) 独立行政法人宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-19 16:15:00 
発表時間 50 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2014-33,IEICE-RCS2014-145 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.179(SAT), no.180(RCS) 
ページ範囲 pp.45-50(SAT), pp.37-42(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2014-08-12,IEICE-RCS-2014-08-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会