電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-13 13:30
日本語曖昧文処理における意味的適合性の影響
新井 学中村智栄広瀬友紀東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) Many previous studies showed that lexically-specific conceptual information such as animacy and thematic information can influence the initial structural analysis (e.g., Trueswell et al., 1993; McRae et al., 1998). These results are often taken as evidence for constraint-based models (e.g., MacDonald et al., 1994). Importantly, these models predict gradiency in the influence of thematic information; the lower the thematic fit of an entity for a dominant analysis, the more activated or accessible an alternative analysis becomes (e.g., The suspect detained for questioning was later released). The current study examined how thematic fit interacts with structural bias in determining the initial analysis before encountering disambiguating information in processing the main clause/relative clause ambiguous structure. The results revealed that participants predicted a relative clause more when the initial noun was implausible agent for the main clause compared to when the noun was plausible agent. However, they did so less when the noun was inanimate and impossible agent than when it was plausible agent. The results suggest that thematic information does not always facilitate the competition of possible structural options but it can prevent comprehenders from accessing the correct structure due to the interaction with structural bias. 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 176, TL2014-31, pp. 107-112, 2014年8月.
資料番号 TL2014-31 
発行日 2014-08-05 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2014-08-12 - 2014-08-13 
開催地(和) 東京大学 駒場キャンパス 18号館ホール 
開催地(英) The University of Tokyo (Komaba) 18 Bldg. Hall 
テーマ(和) 人間の言語の処理・学習 
テーマ(英) Mental Architecture for Processing and Learning of Language 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2014-08-TL 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 日本語曖昧文処理における意味的適合性の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Facilitatory and inhibitory effects of thematic fit in ambiguity resolution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 学 / Manabu Arai /
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 智栄 / Chie Nakamura /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 広瀬 友紀 / Yuki Hirose /
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-13 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2014-31 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2014-08-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会