電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-04 11:40
車載LAN向け非接触コネクタ及び高ノイズ耐性送受信回路
岡田 晃小菅敦丈石塚 秀慶大)・劉 楽昌九大)・田口眞男石黒仁揮黒田忠広慶大エレソ技報アーカイブへのリンク:SDM2014-66 ICD2014-35
抄録 (和) 電磁界結合を利用して被膜の上から信号を分岐できる車載LAN向け非接触コネクタを開発した.振動による瞬断が起こらないため,従来必要であった耐振用の保護機構を取り除くことができる.また最短距離で電子機器同士を接続できるため,総配線長及び重量を削減することができる.課題となるノイズ耐性を克服するため,逓倍マンチェスタ符号化方式と相関器を用いたデジタルクロック復元回路を開発した.1.4GHzに信号をアップコンバートすることで,ノイズ耐性・不要輻射特性を改善し電磁環境適合性基準を満たす. 
(英) A non-contact connector which uses electromagnetic coupling interconnects cables without stripping them in the same way as a clip. An ECU can be connected to in-vehicle LAN by the shortest distance to reduce wire harness weight. Proposed signaling employing oversampling Manchester coding, majority-voting error correction and digital clock recovery, up-converts signal to 1.4GHz to improve noise immunity and satisfy the EMC standards.
キーワード (和) 非接触コネクタ / 電磁界クリップ / 双方向TLC / 逓倍オーバーサンプリングマンチェスタ符号化 / デジタルクロック復元回路 / / /  
(英) Non-Contact Connector / EM-Clip / Bi-Directional TLC / Manchester encoding with N-x oversampling / Digital Clock Recovery Circuit / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 175, ICD2014-35, pp. 23-27, 2014年8月.
資料番号 ICD2014-35 
発行日 2014-07-28 (SDM, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 ICD SDM  
開催期間 2014-08-04 - 2014-08-05 
開催地(和) 北海道大学 情報教育館(札幌市) 
開催地(英) Hokkaido Univ., Multimedia Education Bldg. 
テーマ(和) 低電圧/低消費電力技術、新デバイス・回路とその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2014-08-ICD-SDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車載LAN向け非接触コネクタ及び高ノイズ耐性送受信回路 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Non-Contact Connector and High Noise Immunity Transceiver for In-Vehicle LAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非接触コネクタ / Non-Contact Connector  
キーワード(2)(和/英) 電磁界クリップ / EM-Clip  
キーワード(3)(和/英) 双方向TLC / Bi-Directional TLC  
キーワード(4)(和/英) 逓倍オーバーサンプリングマンチェスタ符号化 / Manchester encoding with N-x oversampling  
キーワード(5)(和/英) デジタルクロック復元回路 / Digital Clock Recovery Circuit  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 晃 / Akira Okada / オカダ アキラ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小菅 敦丈 / Atsutake Kosuge / コスゲ アツタケ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石塚 秀 / Shu Ishizuka / イシヅカ シュウ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 楽昌 / Lechang Liu / リュウ ラクショウ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 眞男 / Masao Taguchi / タグチ マサオ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 石黒 仁揮 / Hiroki Ishikuro / イシクロ ヒロキ
第6著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒田 忠広 / Tadahiro Kuroda / クロダ タダヒロ
第7著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-04 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-SDM2014-66,IEICE-ICD2014-35 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.174(SDM), no.175(ICD) 
ページ範囲 pp.23-27 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SDM-2014-07-28,IEICE-ICD-2014-07-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会