お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-08-01 11:25
画像観測に基づく集団の行動・雰囲気分析
チッパソン ブンター青木恭太宇都宮大IE2014-25
抄録 (和) 近年,私たちの生活の様々な場面でカメラやセンサーは,非常に役立っている.本研究では,画像処理技術による集団観測方式を提案する.映像を用いて,人の集団の行動・雰囲気などの解析するシステムを構築している.
従来は,人や実験動物の動きを観察する研究がたくさん行われているが集団観察の研究はまだ少ない.スポーツ応援団,デモ団体などの状況を評価において,集団観察が必要となってくると考えた.
本研究では,昨年まで行ったネズミの動きを映像観測する研究と同様に,多人数の集団の雰囲気・状況を高所からの映像で計測・認識するシステムを構築する.使う映像は,人が集まった場所でドローン(ラジコンヘリ)で高所から撮影した映像である.集団の映像を対象として,OpenCVの付加アプリケーションMotemplを利用し,映像から集団の全体の動きを取得する.取得した情報から集団の動きの変化や盛り上がり度を計測する.
この研究によって,集団の行動を計算機で自動的に解析できるシステムを作れれば,微細な行動変化の抽出が可能となり,長時間にわたる集団の観察することも可能となる. 
(英) This study proposes the detailed action observation method that enables to make precise observations about group actions using a computer.If a computer has an ability of automatic analysis of the action of a group, we can easily observe the movement and actions over the long period of time. For example observe the sport cheering team, or demonstration organization. Last year, we used background subtraction and labeling to analysis behavior of mouse. Then this year, we used that result to apply to analysis the group. The video we used is taken from the air by drone. We used video stabilization to solve camera shaking problem. Then use the motempl application to acquire the position data and movement of the group from a video. It can make us to be able to compare the movement and action of the group in each time.
キーワード (和) 集団行動 / 映像処理 / 行動観察 / カメラ振れ補正 / 動き追跡 / / /  
(英) video stabilization / motempl / movement / action analysis / movement observation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 172, IE2014-25, pp. 19-23, 2014年8月.
資料番号 IE2014-25 
発行日 2014-07-25 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2014-25

研究会情報
研究会 IE ITE-ME IPSJ-AVM ITE-CE  
開催期間 2014-08-01 - 2014-08-01 
開催地(和) 千葉工業大学 津田沼キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) マルチメディア情報処理・配信・検索・インタフェースとその応用,およびコンシューマエレクトロニクス,メディアエレクトロニクス,画像工学,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2014-08-IE-ME-AVM-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画像観測に基づく集団の行動・雰囲気分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Behavior and Ambiance Analysis of Group with Image Observation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 集団行動 / video stabilization  
キーワード(2)(和/英) 映像処理 / motempl  
キーワード(3)(和/英) 行動観察 / movement  
キーワード(4)(和/英) カメラ振れ補正 / action analysis  
キーワード(5)(和/英) 動き追跡 / movement observation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) チッパソン ブンター / Bounta Chitpasong / チッパソン ブンター
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 恭太 / Kyota Aoki / アオキ キョウタ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-08-01 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2014-25 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.172 
ページ範囲 pp.19-23 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IE-2014-07-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会