お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-31 14:40
[ポスター講演]ROD-SANにおけるWake-up Receiverのフレーム長サンプリング間隔制御による省電力化の検討
阿部憲一NEC通信システム)・長谷川晃朗渡邉悠希ATR)・四方博之関西大RCC2014-42 NS2014-62 RCS2014-114 SR2014-43 ASN2014-61
抄録 (和) 無線センサーアクチュエーターネットワーク(WSAN)の省電力化と応答性能向上を目的としたオンデマンド型無線センサーアクチュエーターネットワーク(ROD-SAN)の研究開発に取り組んでいる.ROD-SANのノードは低消費電力で受信待機するWake-up Receiverを搭載し,Wake-up Signalに対して即時に応答するオンデマンドのネットワークを提供する.本稿では,ノードが送信するフレーム送信数に従って,最適なWake-up Receiverのフレーム長サンプリング間隔を設定することで,ウェイクアップにかかる電力量を最小限とするウェイクアップ方式を提案し,評価した結果について報告する. 
(英) We proposed a novel Radio-On-Demand Sensor and Actuator Networks(ROD-SAN) system architecture which allows the efficient use of electrical power and the improvement of response time in Wireless Sensor and Actuator Node. The ROD-SAN’s node is equipped with an ultra-low power Wake-up Receiver that provides an on-demand operation by promptly replying to Wake-up Signal. In this paper, we propose a Wake-up method that can set the frame length sampling interval of the Wake-up Receiver to an optimal value according to the number of frames transmitted by each node. In addition, we compare the power consumption and response time of the proposed method with those of the IEEE 802.15.4e.
キーワード (和) WSN / WSAN / Wake-up Receiver / IEEE 802.15.4e / / / /  
(英) WSN / WSAN / Wake-up Receiver / IEEE 802.15.4e / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 163, NS2014-62, pp. 81-86, 2014年7月.
資料番号 NS2014-62 
発行日 2014-07-23 (RCC, RCS, SR, ASN), 2014-07-24 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCC2014-42 NS2014-62 RCS2014-114 SR2014-43 ASN2014-61

研究会情報
研究会 RCC ASN NS RCS SR  
開催期間 2014-07-30 - 2014-08-01 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D: Device-to-Device, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2014-07-RCC-ASN-NS-RCS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ROD-SANにおけるWake-up Receiverのフレーム長サンプリング間隔制御による省電力化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Power Saving by Sampling Interval Control of Wake-up Receiver in ROD-SAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) WSN / WSN  
キーワード(2)(和/英) WSAN / WSAN  
キーワード(3)(和/英) Wake-up Receiver / Wake-up Receiver  
キーワード(4)(和/英) IEEE 802.15.4e / IEEE 802.15.4e  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 憲一 / Kenichi Abe / アベ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 日本電気通信システム株式会社 (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NEC Communication Systems)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 晃朗 / Akio Hasegawa / ハセガワ アキオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 悠希 / Yuki Watanabe / ワタナベ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunications Research Institute International (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 四方 博之 / Hiroyuki Yomo / ヨモ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 学校法人関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-31 14:40:00 
発表時間 90 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-RCC2014-42,IEICE-NS2014-62,IEICE-RCS2014-114,IEICE-SR2014-43,IEICE-ASN2014-61 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.162(RCC), no.163(NS), no.164(RCS), no.165(SR), no.166(ASN) 
ページ範囲 pp.103-108(RCC), pp.81-86(NS), pp.135-140(RCS), pp.123-128(SR), pp.111-116(ASN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2014-07-23,IEICE-NS-2014-07-24,IEICE-RCS-2014-07-23,IEICE-SR-2014-07-23,IEICE-ASN-2014-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会