電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-30 14:25
CassandraにおけるQuorumパラメータの動的制御による性能向上
田中俊也福田 諭川島龍太齋藤彰一松尾啓志名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 分散キーバリューストア(分散KVS)は,
単純なデータの保存や検索を高速に行うこと
が出来るため,多くのWebサービスで利用
されている.いくつかの分散KVSでは,
一貫性を緩和して効率性を向上させることで
Webサービスの性能要求に応えているが,
効率性と一貫性はトレードオフの関係
にある.本研究では分散KVSの実装の1つである
Cassandraにおいて,一貫性を維持しながらシステムを高速化する手法を
提案する.一貫性を維持するための手法としてQuorumプロトコルを採用し,
各キーに対する読み出し要求と書き込み要求の割合に応じて,
応答時間が小さくなるようにQuorumパラメータを制御する.
一貫性レベルを静的に決定した場合の予備実験では
,クエリに対するレスポンスのスループットが最大30%向上した. 
(英) Distributed key-value-stores are used in a lot of
web applications because of the speed of storing or
searching simple data. Some distributed key-value-stores
are designed to meet demands of performance, however, there are trade-offs between
efficiency and consistency. In this paper, we propose
a method that ensures both efficiency and consistency.
In order to maintain the consistency, we adopt Quorum protocol, and
control consistency depending on the proportion of read request and
write request to each key.
In preliminary experiment, we set consistency-level statically, and
the throughput of resposes to queries increased by 30%.
キーワード (和) 分散KVS / Cassandra / 一貫性 / Quorumプロトコル / / / /  
(英) Distributed KVS / Cassandra / Consistency / Quorum-based protocol / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 155, CPSY2014-39, pp. 173-178, 2014年7月.
資料番号 CPSY2014-39 
発行日 2014-07-21 (CPSY) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPSY DC  
開催期間 2014-07-28 - 2014-07-30 
開催地(和) 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 
開催地(英) Toki Messe, Niigata 
テーマ(和) 並列/分散/協調とディペンダブルコンピューティングおよび一般 
テーマ(英) Parallel, Distributed and Cooperative Processing 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2014-07-CPSY-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CassandraにおけるQuorumパラメータの動的制御による性能向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving Performance of Cassandra by Dynamic Control of Quorum Parameters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散KVS / Distributed KVS  
キーワード(2)(和/英) Cassandra / Cassandra  
キーワード(3)(和/英) 一貫性 / Consistency  
キーワード(4)(和/英) Quorumプロトコル / Quorum-based protocol  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 俊也 / Toshiya Tanaka / タナカ トシヤ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 諭 / Satoshi Fukuda / フクダ サトシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 龍太 / Ryota Kawashima / カワシマ リョウタ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 彰一 / Shoichi Saito / サイトウ ショウイチ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 啓志 / Hiroshi Matsuo / マツオ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-30 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-CPSY2014-39 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.155 
ページ範囲 pp.173-178 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CPSY-2014-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会