電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-30 13:30
[奨励講演]統計情報の取得を想定したモバイルセンシングのためのプライバシ保護手法
皆川昇子中澤 仁徳田英幸慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) GPSやセンサ搭載のモバイル端末の普及により,多くの端末から収集した位置,環境,ユーザ情報を解析し,様々な統計情報を取得可能なモバイルセンシングが注目を集めている.しかし,データを提供したユーザのプライバシが侵害される恐れがある.そのため,プライバシ保護手法の提案と評価を行う.本提案手法は次の特徴を持つ.端末側はセンシングデータとは異なるデータをある規則に従い選択し,サーバへ送信する.サーバ側はその規則を利用して実際の統計情報を再構築できる.このとき,サーバは個々の端末のセンシングデータを知り得ないため,ユーザのプライバシが保護される.さらに,既存手法と比較し,再構築における精度が向上することをシミュレーションにより示す. 
(英) With the spread of mobile devices with GPS and various sensors, mobile sensing has attracted much attention. Mobile sensing applications obtain many types of statistical information by analyzing sensor data collected from a large number of mobile devices. However, it is likely that user privacy is violated in mobile sensing. Therefore, we propose and evaluate a privacy-preserving method. Our method has the following features. Each mobile device chooses a false data other than a true data in accordance with a certain rule, and sends it to an application server. Using the rule, the server can reconstruct the true data distribution. Then, it is not able to know the true data of each mobile device, and so user privacy can be protected. Furthermore, we demonstrate by simulation that our method improves reconstruction accuracy as compared to an existing method.
キーワード (和) モバイルセンシング / 統計情報 / プライバシ / Negative Surveys / / / /  
(英) Mobile Sensing / Statistical Information / Privacy / Negative Surveys / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 166, ASN2014-40, pp. 1-5, 2014年7月.
資料番号 ASN2014-40 
発行日 2014-07-23 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCC ASN NS RCS SR  
開催期間 2014-07-30 - 2014-08-01 
開催地(和) 京都テルサ 
開催地(英) Kyoto Terrsa 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,M2M (Machine-to-Machine),D2D (Device-to-Device),一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Network, M2M: Machine-to-Machine, D2D: Device-to-Device, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2014-07-RCC-ASN-NS-RCS-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 統計情報の取得を想定したモバイルセンシングのためのプライバシ保護手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Privacy-Preserving Method for Collecting Statistical Information in Mobile Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルセンシング / Mobile Sensing  
キーワード(2)(和/英) 統計情報 / Statistical Information  
キーワード(3)(和/英) プライバシ / Privacy  
キーワード(4)(和/英) Negative Surveys / Negative Surveys  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 皆川 昇子 / Shoko Minagawa / ミナガワ ショウコ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 仁 / Jin Nakazawa / ナカザワ ジン
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 英幸 / Hideyuki Tokuda / トクダ ヒデユキ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-30 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2014-40 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.166 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ASN-2014-07-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会