電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-29 12:30
[ポスター講演]円偏光光無線OFDM方式におけるビット誤り率の理論解析
萩原和男大内浩司静岡大
抄録 (和) 光無線の直交周波数分割多重(OFDM) において,両極性のOFDM 信号を正極性,負極性部分に分け二つの信号として送信する方式は電力効率に優れたシステムである.これらの方式では受信機において二つの信号を一つの信号に戻す必要がある.そのときに雑音を低減する方法として,二つの信号の振幅の大小を比較し,大きい方を信号として採用する方法がある.ビット誤り率を評価する上で,計算機シミュレーションによって精度の高い結果を得るには時間がかかってしまう.そこで本稿では,より簡易に結果を得るため,雑音を低減する方法を用いたときの理論解析を行なっている.本稿では,信号に加わる雑音を三つに分類し,それぞれの分散を理論的に導出している.更に,相関を考慮した分散の合計を求め,ビット誤り率を導出している.そして,理論解析による数値結果をシミュレーションの結果と比較し,理論式の妥当性を明らかにしている. 
(英) In optical wireless Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM), the system that separates an OFDM signal into positive- and negative-polarity signals and transmits these signals has good power efficiency. In such systems, the receiver must combine the separated signals. At that time, as a noise-reduction method, the amplitudes of two signals are compared, and the signal with the larger amplitude is used as the received signal. The estimation of bit error rate (BER) by computer simulation requires an enormous amount of time in order to obtain the BER with high accuracy. In the present paper, in order to easily obtain the BER, we herein report a theoretical analysis method. We classify the noise into three types, and derive the variance of each noise theoretically. Furthermore, we find the sum of these variances that considers correlation, and derive BER. We compare the results of the theoretical analysis with those of the simulations and demonstrate the validity of the theoretical formula.
キーワード (和) 直交周波数分割多重 / 光無線通信 / 偏光 / 理論解析 / / / /  
(英) Orthogonal Frequency Division Multiplexing / Optical Wireless Communications / Polarization / Theoretical Analysis / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 158, WBS2014-19, pp. 57-62, 2014年7月.
資料番号 WBS2014-19 
発行日 2014-07-22 (WBS, MICT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MICT WBS  
開催期間 2014-07-29 - 2014-07-30 
開催地(和) 大阪市立大学 文化交流センター 
開催地(英) Osaka City Univ. (Umeda Satellite) 
テーマ(和) ポスター講演, ワイドバンドシステム, ヘルスケア・医療情報通信技術, 一般, 
テーマ(英) Poster Session, Wideband System, Healthcare and Medical Information Communication Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WBS 
会議コード 2014-07-MICT-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 円偏光光無線OFDM方式におけるビット誤り率の理論解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theoretical Analysis of Bit Error Rate in Circular Polarized Optical Wireless OFDM system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 直交周波数分割多重 / Orthogonal Frequency Division Multiplexing  
キーワード(2)(和/英) 光無線通信 / Optical Wireless Communications  
キーワード(3)(和/英) 偏光 / Polarization  
キーワード(4)(和/英) 理論解析 / Theoretical Analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩原 和男 / Kazuo Hagihara / ハギハラ カズオ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大内 浩司 / Kouji Ohuchi / オオウチ コウジ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-29 12:30:00 
発表時間 120 
申込先研究会 WBS 
資料番号 IEICE-WBS2014-19,IEICE-MICT2014-33 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.158(WBS), no.159(MICT) 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WBS-2014-07-22,IEICE-MICT-2014-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会