電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-17 17:05
微小なオーバフロー確率を許容する忠実度規範付き符号化
八木秀樹電通大)・野村 亮専修大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,オーバフロー確率を$varepsilon$まで許容する可変長符号に対して,忠実度規範を導入した新しい符号化問題を導入する.この符号化問題に対して,達成可能なレート・歪み領域の一般公式を与える.また,この符号化問題に対する強逆性の概念を導入し,情報源が強逆性を持つ必要十分条件を示す.最後に,忠実度規範がない場合の符号化問題と同様に,歪み超過確率を$varepsilon$まで許容する固定長符号化問題と,歪み・レート領域が等しくなる点で等価となることを示す.この結果から,一見異なる両符号化問題に対する一般公式がh等しくなることが結論される. 
(英) This paper describes $varepsilon$-achievable rate of variable length coding with a fidelity criterion for general sources. Related to $varepsilon$-optimum rate, the strong converse property is introduced, and a necessary and sufficient condition for strong converse is provided. A tight relationship between the variable-length coding allowing the overflow probability up to $varepsilon$ and fixed-length coding allowing the excess distortion probability up to $varepsilon$ with a fidelity criterion is discussed.
キーワード (和) レート歪み理論 / オーバフロー確率 / 歪み超過確率 / イプシロン符号化 / 情報スペクトル的手法 / / /  
(英) rate distortion theory / overflow probability / distortion excess probability / epsilon-coding / information spectrum method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 138, IT2014-25, pp. 77-82, 2014年7月.
資料番号 IT2014-25 
発行日 2014-07-10 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2014-07-17 - 2014-07-18 
開催地(和) 神戸大学 六甲台第2キャンパス 
開催地(英) Kobe University 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2014-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 微小なオーバフロー確率を許容する忠実度規範付き符号化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Coding with a Fidelity Criterion Allowing Some Overflow Probability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レート歪み理論 / rate distortion theory  
キーワード(2)(和/英) オーバフロー確率 / overflow probability  
キーワード(3)(和/英) 歪み超過確率 / distortion excess probability  
キーワード(4)(和/英) イプシロン符号化 / epsilon-coding  
キーワード(5)(和/英) 情報スペクトル的手法 / information spectrum method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 秀樹 / Hideki Yagi / ヤギ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 亮 / Ryo Nomura / ノムラ リョウ
第2著者 所属(和/英) 専修大学 (略称: 専修大)
Senshu University (略称: Senshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-17 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2014-25 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.138 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2014-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会