電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-17 13:00
受信用光制御BFNに向けた光ダウンコンバート機能の試作実証
西岡隼也原口英介安藤俊行長瀬勝照三菱電機)・赤石 明三浦 周高橋 卓豊嶋守生NICTMW2014-57 OPE2014-26 EST2014-18 MWP2014-15 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-57 OPE2014-26 EST2014-18 MWP2014-15
抄録 (和) 近年,交通・インターネット・エネルギー網などの社会インフラに対応した衛星通信プラットフォームの実現が望まれている.そこで,衛星でマイクロ波を送受信する際に,衛星-地上局間の降雨減衰や通信トラフィック変動に対応した柔軟なビーム形成を行うBFN (Beam Forming Network)が必要となる.BFNにおいて,広帯域な信号伝送と数100素子のアンテナ素子数を両立することが求められる.この課題に対して,光制御によるBFN (Beam Forming Network)の試作開発を行っている.本発表では受信用光制御BFNに向け,2系統の光位相同期技術(信号光素子間位相同期およびダウンコンバート(D/C)用光源間位相同期)を用い,18GHzのマイクロ波信号を光制御により3GHzにD/Cする周波数変換機能の試作実証について報告する. 
(英) We have been developing optical beam forming network (BFN) system with advantage that it has broadband performance and small circuit even if the system has a few hundred of antenna element. Using this system, realization of platform of future satellite communications with affinity for social infrastructure (traffic, Internet, and energy network) is expected. In this paper, we reported demonstration of optical down-conversion function for receiving optical beam forming network. This BFN has two optical phase locking functions. One of them is the function to lock relative phase of each antenna element, and another is phase locking between two optical sources (Signal and local light) to down convert (D/C) received frequency from 18GHz to 3GHz.
キーワード (和) BFN / OBF / 光位相同期 / 光ダウンコンバート / 衛星通信 / / /  
(英) BFN / OBF / Optical Phase Locked Loop / Optical Down-Conversion / Satellite Communications / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 144, MWP2014-15, pp. 23-28, 2014年7月.
資料番号 MWP2014-15 
発行日 2014-07-10 (MW, OPE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2014-57 OPE2014-26 EST2014-18 MWP2014-15 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2014-57 OPE2014-26 EST2014-18 MWP2014-15

研究会情報
研究会 MW OPE EMT MWP EST IEE-EMT  
開催期間 2014-07-17 - 2014-07-18 
開催地(和) 室蘭工業大 
開催地(英) Muroran Inst. of Tech. 
テーマ(和) 光・電波ワークショップ 
テーマ(英) Light wave & Electromagnetic Wave Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MWP 
会議コード 2014-07-MW-OPE-EMT-MWP-EST-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 受信用光制御BFNに向けた光ダウンコンバート機能の試作実証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Demonstration of Optical Down-Conversion for Receiving Optical Beam Forming Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) BFN / BFN  
キーワード(2)(和/英) OBF / OBF  
キーワード(3)(和/英) 光位相同期 / Optical Phase Locked Loop  
キーワード(4)(和/英) 光ダウンコンバート / Optical Down-Conversion  
キーワード(5)(和/英) 衛星通信 / Satellite Communications  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西岡 隼也 / Junya Nishioka / ニシオカ ジュンヤ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原口 英介 / Eisuke Haraguchi / ハラグチ エイスケ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 俊行 / Toshiyuki Ando / アンドウ トシユキ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長瀬 勝照 / Masateru Nagase / ナガセ マサテル
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤石 明 / Akira Akaishi / アカイシ アキラ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 周 / Amane Miura / ミウラ アマネ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 卓 / Takashi Takahashi / タカハシ タカシ
第7著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊嶋 守生 / Morio Toyoshima / トヨシマ モリオ
第8著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-17 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MWP 
資料番号 IEICE-MW2014-57,IEICE-OPE2014-26,IEICE-EST2014-18,IEICE-MWP2014-15 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.141(MW), no.142(OPE), no.143(EST), no.144(MWP) 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MW-2014-07-10,IEICE-OPE-2014-07-10,IEICE-EST-2014-07-10,IEICE-MWP-2014-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会