電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-11 17:50
パラメトリックスピーカを用いたマルチチャネルANCシステムに関する検討
田中貴大史 創梶川嘉延関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 騒音問題が深刻な工場内において騒音対策が求められている.そこで,騒音低減のための一手法であるアクティブノイズコントロール(ANC:Active Noise Control)を用いることで工場内で発生する騒音の低減に向けた検討を行っている.ANC システムの実現方法はさまざまであるが,本稿では,パラメトリックスピーカ(PAL:ParametricArray Loudspeaker)を用いたマルチチャネルANC システムに着目する.ここで,パラメトリックスピーカとは超音波を搬送波として利用し,空気の非線形性による自己復調で音が再生されるスピーカであり,可聴音は鋭い指向性を持つ.提案システムはパラメトリックスピーカの超指向性を生かすことで,所望点にて騒音低減を実現するとともに,その他の空間での音圧増加を抑えることができる.また,二次音源としてパラメトリックスピーカを用いているため,異なるチャネル間の干渉(本稿ではクロストークと呼ぶ)を最小化することができれば,提案システムはそれぞれのチャネルを独立に制御可能である.これにより,クロストーク成分にあたる二次経路モデルを必要としないため,通常のマルチチャネルANC システムよりも演算量を削減できる.そこで本稿では,提案Case(1,2,2) ANC システムについて,実システムおよびシミュレーションを通して有効性やクロストークの影響について検討を行った. 
(英) Acoustic noise problems are becoming increasingly serious in the process of industrialization. In particular, an effective approach to reduce unwanted noise is needed in factory. Therefore, we have studied an active noise control (ANC) system to reduce factory noise where manufacturing equipments generate noise levels of over 90 dB. In this paper, we focus on a multi-channel ANC system using parametric array loudspeaker (PAL) as control sources. The proposed ANC system can not only reduce unwanted acoustic noise at the desired locations but also suppress the increase in sound pressure level at other locations because the PAL have a super-directivity feature. If interferences between different channels of the proposed ANC system are minimized, therefore each channel in this ANC system can be controlled independently because PAL are used as secondary sources. By this mean, the computational complexity of a multiple-channel ANC system is reduced since the cross-talk secondary path models are negligible. In this paper, we demonstrate the influence of cross-talk in proposed Case(1,2,2,) ANC syetem. The performance of the proposed ANC system is demonstrated through experiments and simulations. It has been confirmed that PAL outperformed omnidirectional loudspeakers in terms of being free from cross-talk in the Case(1,2,2) ANC system.
キーワード (和) アクティブノイズコントロール / パラメトリックスピーカ / 工場内騒音 / マルチチャネルANC システム / / / /  
(英) Active noise control / Parametric array loudspeaker / Factory noise / Multi-channel ANC / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 124, SIP2014-71, pp. 271-275, 2014年7月.
資料番号 SIP2014-71 
発行日 2014-07-02 (CAS, VLD, SIP, MSS, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD SIS  
開催期間 2014-07-09 - 2014-07-11 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2014-07-CAS-SIP-MSS-VLD-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラメトリックスピーカを用いたマルチチャネルANCシステムに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Multi-channel Active Noise Control System Using Parametric Array Loudspeakers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクティブノイズコントロール / Active noise control  
キーワード(2)(和/英) パラメトリックスピーカ / Parametric array loudspeaker  
キーワード(3)(和/英) 工場内騒音 / Factory noise  
キーワード(4)(和/英) マルチチャネルANC システム / Multi-channel ANC  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 貴大 / Kihiro Tanaka / タナカ キヒロ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 史 創 / Chuang Shi / シ チュワン
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-11 17:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2014-50,IEICE-VLD2014-59,IEICE-SIP2014-71,IEICE-MSS2014-50,IEICE-SIS2014-50 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.122(CAS), no.123(VLD), no.124(SIP), no.125(MSS), no.126(SIS) 
ページ範囲 pp.271-275 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2014-07-02,IEICE-VLD-2014-07-02,IEICE-SIP-2014-07-02,IEICE-MSS-2014-07-02,IEICE-SIS-2014-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会