電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-10 09:30
周期信号の群遅延の静的な表現について
河原英紀和歌山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 短時間Fourier変換では、用いる窓関数と分析対象の信号の相対位相に依存して、分析結果として求められるパワースペクトル、瞬時周波数、群遅延のいずれにも周期的変動が含まれる。これらの周期的変動が存在しない表現の検討を行っており、今回、最後まで残っていた群遅延に関する静的表現を得ることができた。ここでは、その方法の導出について説明するとともに、試験用の信号と様々な実信号について、提案した方法での分析例を示す。なお、この方法は音声に含まれる非周期成分の定式化のために導出されたものであるが、周期構造を有する画像にも応用することが可能である。 
(英) Short term Fourier transform of periodic signals introduce periodic temporal variations in their Frequency domain representations such as power spectrum, instantaneous frequency, and group delay, depending on relative phasic relation between the windowing function and the signal under study. Static representations of power spectrum and instantaneous frequency were already introduced by ours in search of temporally static representations. In this report, a new group delay representation which effectively eliminates temporal variations caused by signal periodicity is introduced with derivations. Test signals and actual speech signal examples are analyzed to illustrate behavior of the proposed representation. While this static representation is designed for speech analysis, modification and synthesis systems, it is also applicable to visual images with periodic structures.
キーワード (和) 群遅延 / 周期信号 / 瞬時周波数 / パワースペクトル / 音声分析合成 / / /  
(英) group delay / periodic signals / instantaneous frequency / power spectrum / speech analysis and synthesis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 124, SIP2014-42, pp. 105-110, 2014年7月.
資料番号 SIP2014-42 
発行日 2014-07-02 (CAS, VLD, SIP, MSS, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD SIS  
開催期間 2014-07-09 - 2014-07-11 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2014-07-CAS-SIP-MSS-VLD-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周期信号の群遅延の静的な表現について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Temporally static representation of group delay for periodic signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 群遅延 / group delay  
キーワード(2)(和/英) 周期信号 / periodic signals  
キーワード(3)(和/英) 瞬時周波数 / instantaneous frequency  
キーワード(4)(和/英) パワースペクトル / power spectrum  
キーワード(5)(和/英) 音声分析合成 / speech analysis and synthesis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 英紀 / Hideki Kawahara / カワハラ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-10 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2014-21,IEICE-VLD2014-30,IEICE-SIP2014-42,IEICE-MSS2014-21,IEICE-SIS2014-21 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.122(CAS), no.123(VLD), no.124(SIP), no.125(MSS), no.126(SIS) 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2014-07-02,IEICE-VLD-2014-07-02,IEICE-SIP-2014-07-02,IEICE-MSS-2014-07-02,IEICE-SIS-2014-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会