電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-10 13:50
安定化陽解法による不均一分布定数回路網の高速過渡解析
中垣 薫關根惟敏浅井秀樹静岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 一般に,数値解析における陽的解法は,時間刻み幅に関する厳しい安定条件が存在する.数値解析対象となる回路に微小なリアクタンス成分が存在する場合,陽的解法は小さな時間刻み幅を選択する必要があり,解析効率の劣化の原因となる.本稿では,固有値分解を用いて,安定モードと不安定モードにモードを分解し,不安定モードを取り除く手法について考察する.結果として,陽的解法でありながら,大きな時間刻み幅を用いることを可能とする安定化陽解法を導出する. 
(英) In general, an explicit method in numerical analysis has a strict stability condition related to a time step size. In the case that a circuit to be analyzed includes small reactive components, the explicit method has to use a small time step size and therefore the calculation efficiency is degraded. This report discusses a method in which modes are categorized into stable and unstable modes, and the latter are removed to make stabilize the explicit method. As a result, the stabilized explicit method, which enables us to use a large time step size, is derived.
キーワード (和) 安定化陽解法 / ドロネー・ボロノイモデル化手法 / 三角メッシュ / 等価回路 / 高速回路シミュレーション / / /  
(英) stabilized explicit method (SEM) / Delaunay-Voronoi modeling method / triangular mesh / equivalent circuit / fast circuit simulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 122, CAS2014-29, pp. 153-157, 2014年7月.
資料番号 CAS2014-29 
発行日 2014-07-02 (CAS, VLD, SIP, MSS, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD SIS  
開催期間 2014-07-09 - 2014-07-11 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2014-07-CAS-SIP-MSS-VLD-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 安定化陽解法による不均一分布定数回路網の高速過渡解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast Transient Analysis of Non-uniform Distributed Parameter Circuit by Using Stabilized Explicit Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 安定化陽解法 / stabilized explicit method (SEM)  
キーワード(2)(和/英) ドロネー・ボロノイモデル化手法 / Delaunay-Voronoi modeling method  
キーワード(3)(和/英) 三角メッシュ / triangular mesh  
キーワード(4)(和/英) 等価回路 / equivalent circuit  
キーワード(5)(和/英) 高速回路シミュレーション / fast circuit simulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中垣 薫 / Kaoru Nakagaki / ナカガキ カオル
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 關根 惟敏 / Tadatoshi Sekine / セキネ タダトシ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 秀樹 / Hideki Asai / アサイ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-10 13:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2014-29,IEICE-VLD2014-38,IEICE-SIP2014-50,IEICE-MSS2014-29,IEICE-SIS2014-29 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.122(CAS), no.123(VLD), no.124(SIP), no.125(MSS), no.126(SIS) 
ページ範囲 pp.153-157 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2014-07-02,IEICE-VLD-2014-07-02,IEICE-SIP-2014-07-02,IEICE-MSS-2014-07-02,IEICE-SIS-2014-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会