お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-10 14:30
[ポスター講演]力覚・聴覚を用いた分散仮想環境におけるネットワーク遅延が臨場感に及ぼす影響
前田慶博石橋 豊福嶋慶繁名工大CQ2014-25
抄録 (和) 本報告では,力覚・聴覚を用いた遠隔ドラム演奏に対して,ネットワーク遅延が臨場感に及ぼす影響をQoE (Quality of Experience)評価によって調査している.評価では,これまで筆者らが仮想環境におけるいくつかのアプリケーションに対して力覚や嗅覚などの感覚刺激が臨場感に与える効果の調査に用いてきた,評定尺度法とSD(Semantic Differential)法を組み合わせた手法を用いる.この手法では,評定尺度法により臨場感,SD法によりアプリケーションの印象の評価を行い,これらの結果の関係を重回帰分析によって調べる.そして,この手法が臨場感のQoE評価でも有効であることを示す. 
(英) In this report, we investigate the influence of network delay on the sense of presence in a networked haptic drum system by Quality of Experience (QoE) assessment.In our assessment method which we previously employed to investigate effects of sensory stimuli such as haptic and olfactory stimuli on the sense of presence for several applications in virtual environments, we use the rating scale method and the Semantic Differential (SD) technique together, and examine the relation between results of the rating scale method and those of the SD technique by multiple regression analysis.We clarify the effectiveness of the assessment method in QoE assessment about the sense of presence.
キーワード (和) 分散仮想環境 / 臨場感 / ネットワーク遅延 / 力覚 / 聴覚 / QoE評価 / /  
(英) Networked virtual environment / Sense of presence / Network delay / Haptic sense / Auditory sense / QoE assessment / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 131, CQ2014-25, pp. 57-62, 2014年7月.
資料番号 CQ2014-25 
発行日 2014-07-03 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2014-25

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2014-07-10 - 2014-07-11 
開催地(和) 大阪大学基礎工学国際棟セミナー室(大阪大学) 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク制御,ネットワーク最適化,次世代/新世代ネットワークアーキテクチャ,超臨場感コミュニケーション,信頼性,QoEなど,コミュニケーションクオリティ研究会に関するテーマ全般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2014-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 力覚・聴覚を用いた分散仮想環境におけるネットワーク遅延が臨場感に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Influence of Network Delay on Sense of Presence in Networked Virtual Environment with Haptic and Auditory Senses 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散仮想環境 / Networked virtual environment  
キーワード(2)(和/英) 臨場感 / Sense of presence  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク遅延 / Network delay  
キーワード(4)(和/英) 力覚 / Haptic sense  
キーワード(5)(和/英) 聴覚 / Auditory sense  
キーワード(6)(和/英) QoE評価 / QoE assessment  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 慶博 / Yoshihiro Maeda / マエダ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 豊 / Yutaka Ishibashi / イシバシ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福嶋 慶繁 / Norishige Fukushima / フクシマ ノリシゲ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-10 14:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2014-25 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.131 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2014-07-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会