電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-10 09:50
再符号化の影響を考慮した画像のニアロスレス符号化法
小林弘幸都立産技高専)・岩橋政宏長岡技科大)・○貴家仁志首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では零スキップ量子化法を提案し,次にそれに基づくニアロスレス符号化法を提案する.
提案されるニアロスレス符号化法は,ヒストグラムの疎性を考慮できると同時に,任意のロスレス符号化の使用が可能である.
さらにこの特徴から,ニアロスレスを繰り返し適用し,ファイルサイズを制御する場合において,JPEG-LS に代表される従来のニアロスレス法に比べ,効果的なファイルサイズの圧縮が達成される. 
(英) This report proposes a new quantization method, called zero-skip quantization and a near-lossless coding method based on this quantization.
The proposed coding method enables us to be considered the sparsity of the histogram, and also enables us to use any lossless coder.
Because of this feature, in the case of repeating near lossless coding to control the file size, it provides more effective compression performance than those of conventional near lossless encoders such as the JPEG-LS encoder.
キーワード (和) 零スキップ量子化 / ヒストグラムパッキング / ニアロスレス / 符号化 / / / /  
(英) zero skip quantization / histogram packing / near lossless / coding / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 124, SIP2014-43, pp. 111-116, 2014年7月.
資料番号 SIP2014-43 
発行日 2014-07-02 (CAS, VLD, SIP, MSS, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD SIS  
開催期間 2014-07-09 - 2014-07-11 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2014-07-CAS-SIP-MSS-VLD-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再符号化の影響を考慮した画像のニアロスレス符号化法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Near-lossless image coding considering the influence of re-encoding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 零スキップ量子化 / zero skip quantization  
キーワード(2)(和/英) ヒストグラムパッキング / histogram packing  
キーワード(3)(和/英) ニアロスレス / near lossless  
キーワード(4)(和/英) 符号化 / coding  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 弘幸 / Hiroyuki Kobayashi / コバヤシ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 東京都立産業技術高等専門学校 (略称: 都立産技高専)
Tokyo Metropolitan College of Industrial Technology (略称: Tokyo Metro. Coll. of Ind. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩橋 政宏 / Masahiro Iwahashi / イワハシ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metro. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-10 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2014-22,IEICE-VLD2014-31,IEICE-SIP2014-43,IEICE-MSS2014-22,IEICE-SIS2014-22 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.122(CAS), no.123(VLD), no.124(SIP), no.125(MSS), no.126(SIS) 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2014-07-02,IEICE-VLD-2014-07-02,IEICE-SIP-2014-07-02,IEICE-MSS-2014-07-02,IEICE-SIS-2014-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会