電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-09 13:20
タイセット基底の局所的操作による点素パス算出について
伊藤隆太篠宮紀彦創価大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 情報通信ネットワークのノード障害に対応した迂回パスは,現用パスに対し点素である必要がある.
また,障害ノードに隣接する2つのノードを結び,現用パスに対して点素であるパスを局所的な点素パスと呼び,局所的な点素パスを用いる復旧は高速な障害復旧につながる可能性があることが示されている.
そこで本稿では,局所的な点素パスの効率的な算出について述べる.
局所的な点素パスの算出には,閉路を構成する辺集合をタイセットとし,排他的論理和が1つのタイセットになるタイセット集合を用いる.
しかし,任意の複数のタイセットの排他的論理和が1つのタイセットになるとは限らない.
そこで,2つのタイセットの排他的論理和が1つのタイセットとなる十分条件として利用可能な概念である重複度を導入し,重複度に関する性質について示す.
また,提案手法と局所的な点素パスを最短パスアルゴリズムを用いて算出する手法との比較結果を示す. 
(英) In the information communication network,it is required for a detour path to be node-disjoint regarding a working path in case of a node failure occurs.
Additionally, the previous research has indicated that fast failure recovery might be realized by using local node-disjoint paths that connect two nodes neighboring the failure node.
This paper discusses a calculation method of local node-disjoint paths.
By defining an edge set which forms a cycle as a tie-set,
local node-disjoint paths are calculated by using tie-sets whose exclusive-OR leads to a single tie-set.
However, an exclusive OR of arbitrary tie-sets is not always a tie-set.
Hence, this paper proposes the concept of overlapping degree as a sufficient condition that an exclusive-OR of two tie-sets must becomes a tie-set and discusses its property.
Finally, this paper shows the comparison results of a proposed method and a simple method using shortest path algorithm.
キーワード (和) タイセットベクトル空間 / 排他的論理和 / 点素パス / グラフ理論 / / / /  
(英) tie-set vector space / exclusive OR / node-disjoint path / graph theory / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 122, CAS2014-9, pp. 41-44, 2014年7月.
資料番号 CAS2014-9 
発行日 2014-07-02 (CAS, VLD, SIP, MSS, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD SIS  
開催期間 2014-07-09 - 2014-07-11 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2014-07-CAS-SIP-MSS-VLD-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) タイセット基底の局所的操作による点素パス算出について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On finding node-disjoint paths by local manipulation of a tie-set base 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) タイセットベクトル空間 / tie-set vector space  
キーワード(2)(和/英) 排他的論理和 / exclusive OR  
キーワード(3)(和/英) 点素パス / node-disjoint path  
キーワード(4)(和/英) グラフ理論 / graph theory  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 隆太 / Ryuta Ito / イトウ リュウタ
第1著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠宮 紀彦 / Norihiko Shinomiya / シノミヤ ノリヒコ
第2著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-09 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2014-9,IEICE-VLD2014-18,IEICE-SIP2014-30,IEICE-MSS2014-9,IEICE-SIS2014-9 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.122(CAS), no.123(VLD), no.124(SIP), no.125(MSS), no.126(SIS) 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2014-07-02,IEICE-VLD-2014-07-02,IEICE-SIP-2014-07-02,IEICE-MSS-2014-07-02,IEICE-SIS-2014-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会