電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-09 11:20
ボロノイ被覆問題に対するロジットダイナミクスに基づく分散制御法
井深直人金澤尚史阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数のセンサが対象領域を漏れなく監視し,各センサのセンシング範囲がボロノ
イ分割で与えられるという仮定の下で,センサの最適配置を求める問題をボロノ
イ被覆問題と呼ぶ.ボロノイ被覆問題は,重心座標系を導入することで,ポテン
シャルゲームへと帰着できることが知られている.本報告では,ロジットダイナ
ミクスを用いて,ポテンシャル関数の値が低い局所最適解を避け,値の大きい解
へと収束させる手法を提案する. 
(英) The Voronoi coverage problem is to find the optimal position of multiple sensors so as to cover the whole mission space.
The sensing area of each sensor is given by the Voronoi partition.
By introducing the barycentric coordinate on the mission space, the Voronoi coverage problem has been formulated as a potential game.
In this paper, we propose a logit dynamics based distributed sensor control method which can select better local maximizers of the potential function than existing methods.
キーワード (和) ボロノイ被覆問題 / ポテンシャルゲーム / ロジットダイナミクス / / / / /  
(英) Voronoi coverage problem / potential game / logit dynamics / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 125, MSS2014-6, pp. 29-32, 2014年7月.
資料番号 MSS2014-6 
発行日 2014-07-02 (CAS, VLD, SIP, MSS, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD SIS  
開催期間 2014-07-09 - 2014-07-11 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2014-07-CAS-SIP-MSS-VLD-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ボロノイ被覆問題に対するロジットダイナミクスに基づく分散制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Logit Dynamics Based Distributed Control Method for Voronoi Coverage Problems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ボロノイ被覆問題 / Voronoi coverage problem  
キーワード(2)(和/英) ポテンシャルゲーム / potential game  
キーワード(3)(和/英) ロジットダイナミクス / logit dynamics  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井深 直人 / Naoto Ibuka / イブカ ナオト
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金澤 尚史 / Takafumi Kanazawa / カナザワ タカフミ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-09 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CAS2014-6,IEICE-VLD2014-15,IEICE-SIP2014-27,IEICE-MSS2014-6,IEICE-SIS2014-6 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.122(CAS), no.123(VLD), no.124(SIP), no.125(MSS), no.126(SIS) 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2014-07-02,IEICE-VLD-2014-07-02,IEICE-SIP-2014-07-02,IEICE-MSS-2014-07-02,IEICE-SIS-2014-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会