電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-09 16:10
ダイナミックスペクトルアクセスを用いたOFDM送受信機のGPU実装に関する一検討
冨田幸佑畠中理英尾上孝雄阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,多大な計算量を必要とするダイナミックスペクトルアクセスに基づ
く OFDM ソフトウェア無線送受信機について,GPU の並列計算機能を利用した
実装について述べる.本研究で用いたOFDM では,シーケンシャル処理である畳
み込み符号化やビタビ復号を行うが,OFDM シンボル単位に分割し処理すること
で並列化を可能とした.また,処理単位が同じであるインターリーブ,サブキャ
リア変調,マッピングの処理を統合することで,処理オーバーヘッドを削減し
た.さらに,リアルタイム処理に必要な並列に処理するOFDMシンボル数を導出
し,送信機では 14 OFDMシンボル,受信機では 21 OFDMシンボルを同時に処理
することでリアルタイム動作可能であることを示した. 
(英) A software defined radio (SDR) implementation of OFDM transceiver
based on dynamic spectrum access (DSA) is proposed, which best
utilizes a parallel processing ability of GPU to cope with huge
computational cost. Convolutional coding process and Viterbi decoding
process, which inherently require sequential processing, are
reorganized into OFDM symbol basis to enable parallel
processing. Then, Interleaving, Sub-carrier modulation, and mapping
processes, which have an identical processing structure, are
integrated into single process to reduce processing
overhead. Moreover, the number of OFDM symbols to be processed in
parallel, which is required for enabling real-time processing, has
been derived, Consequently, 14 or more OFDM symbols and 21 or more
OFDM symbols should be processed in parallel at a transmitter and at a
receiver, respectively.
キーワード (和) ダイナミックスペクトルアクセス / ソフトウェア無線 / OFDM / GPU / CUDA / / /  
(英) DSA / SDR / OFDM / GPU / CUDA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 126, SIS2014-17, pp. 81-86, 2014年7月.
資料番号 SIS2014-17 
発行日 2014-07-02 (CAS, VLD, SIP, MSS, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD SIS  
開催期間 2014-07-09 - 2014-07-11 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2014-07-CAS-SIP-MSS-VLD-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ダイナミックスペクトルアクセスを用いたOFDM送受信機のGPU実装に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on GPU Implementation of OFDM Transceiver using Dynamic Spectrum Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイナミックスペクトルアクセス / DSA  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア無線 / SDR  
キーワード(3)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(4)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(5)(和/英) CUDA / CUDA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨田 幸佑 / Kosuke Tomita / トミタ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 畠中 理英 / Masahide Hatanaka / ハタナカ マサヒデ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾上 孝雄 / Takao Onoye / オノエ タカオ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-09 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-CAS2014-17,IEICE-VLD2014-26,IEICE-SIP2014-38,IEICE-MSS2014-17,IEICE-SIS2014-17 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.122(CAS), no.123(VLD), no.124(SIP), no.125(MSS), no.126(SIS) 
ページ範囲 pp.81-86 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2014-07-02,IEICE-VLD-2014-07-02,IEICE-SIP-2014-07-02,IEICE-MSS-2014-07-02,IEICE-SIS-2014-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会