電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-09 11:40
利得公平化リソース配分に対する一般化ケリーメカニズムの応用
三宮茂俊金澤尚史阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数のエージェントが単一のリソースを共有しているが,リソースに限りがあり各エージェントの需要を満たすことができない場合,その公平な配分が重要な問題となる.特に,エージェントが利己的にふるまう場合でも公平なリソース配分を実現する必要がある.本報告では,一般化ケリーメカニズムを応用した利得公平化リソース配分法を提案する.提案手法では,公平なリソース配分を実現するエージェントのリソース要求がナッシュ均衡となるようなリソースの単位コストを逐次的に求める. 
(英) When the total amount of a resource is limited and the required amount of the resource cannot be allocated to agents, the resource management is an important issue in multiagent systems. In particular, if each agent behaves selfishly, we need to realize a fair resource allocation. In this paper, we propose a fair utility resource allocation mechanism based on the generalized Kelly mechanism. In the proposed mechanism, a unit cost is iteratively updated, and a fair utility resource allocation is realized as a Nash equilibrium.
キーワード (和) メカニズムデザイン / ケリーメカニズム / 公平なリソース配分 / / / / /  
(英) mechanism design / Kelly mechanism / fair resource allocation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 125, MSS2014-7, pp. 33-36, 2014年7月.
資料番号 MSS2014-7 
発行日 2014-07-02 (CAS, VLD, SIP, MSS, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD SIS  
開催期間 2014-07-09 - 2014-07-11 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MSS 
会議コード 2014-07-CAS-SIP-MSS-VLD-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 利得公平化リソース配分に対する一般化ケリーメカニズムの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Application of Generalized Kelly Mechanism to Fair Utility Resource Allocation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メカニズムデザイン / mechanism design  
キーワード(2)(和/英) ケリーメカニズム / Kelly mechanism  
キーワード(3)(和/英) 公平なリソース配分 / fair resource allocation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宮 茂俊 / Shigetoshi Sannomiya / サンノミヤ シゲトシ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金澤 尚史 / Takafumi Kanazawa / カナザワ タカフミ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-09 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MSS 
資料番号 IEICE-CAS2014-7,IEICE-VLD2014-16,IEICE-SIP2014-28,IEICE-MSS2014-7,IEICE-SIS2014-7 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.122(CAS), no.123(VLD), no.124(SIP), no.125(MSS), no.126(SIS) 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2014-07-02,IEICE-VLD-2014-07-02,IEICE-SIP-2014-07-02,IEICE-MSS-2014-07-02,IEICE-SIS-2014-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会