電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-09 15:30
KinectとPTZカメラを用いた移動物体の検出と追跡に関する検討
坂井貴尚・○棟安実治西田 守梶川嘉延関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿ではKinectに搭載されているマイクロホンアレイを用いた,PTZカメラによる移動物体の検出と追跡の手法について検討する.Kinectを用いることで安価なデバイスで音源方向の推定を行うことが可能となる.ここでは,Kinectによって発見された物体を,さらにパーティクルフィルタとReal Adaboostを用いて,追跡を行う.これにより,カメラの画角外に物体があったとしても,カメラをその方向に向けることができ,カメラの適用範囲を拡大することが可能となる.さらに本稿では実験により,本手法の有効性を示す. 
(英) This paper proposes an automatic detection and tracking system for moving objects based on Kinect and PTZ (Pan-Tilt-Zoom) camera. The microphone array in Kinect is used for detecting the moving object, and the PTZ camera tracks it. In the tracking, particle filter and Real adaboost are adopted. Therefore if the object is the outside of the scope of the camera, we can easily aim the scope of the camera at the object. The experimental result under the real environment shows the effectiveness of the proposed system.
キーワード (和) PTZカメラ / Kinect / パーティクルフィルタ / 自動検出 / 自動追跡 / / /  
(英) PTZ camera / Kinect / particle filter / automatic detection / automatic tracking / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 126, SIS2014-15, pp. 69-74, 2014年7月.
資料番号 SIS2014-15 
発行日 2014-07-02 (CAS, VLD, SIP, MSS, SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS SIP MSS VLD SIS  
開催期間 2014-07-09 - 2014-07-11 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英) System, signal processing and related topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2014-07-CAS-SIP-MSS-VLD-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) KinectとPTZカメラを用いた移動物体の検出と追跡に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Method of Detection and Tracking for Moving Objects by Using Kinect and PTZ camaera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PTZカメラ / PTZ camera  
キーワード(2)(和/英) Kinect / Kinect  
キーワード(3)(和/英) パーティクルフィルタ / particle filter  
キーワード(4)(和/英) 自動検出 / automatic detection  
キーワード(5)(和/英) 自動追跡 / automatic tracking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 貴尚 / Takahisa Sakai / サカイ タカヒサ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 棟安 実治 / Mitsuji Muneyasu / ムネヤス ミツジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西田 守 / Mamoru Nishida / ニシダ マモル
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-09 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-CAS2014-15,IEICE-VLD2014-24,IEICE-SIP2014-36,IEICE-MSS2014-15,IEICE-SIS2014-15 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.122(CAS), no.123(VLD), no.124(SIP), no.125(MSS), no.126(SIS) 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2014-07-02,IEICE-VLD-2014-07-02,IEICE-SIP-2014-07-02,IEICE-MSS-2014-07-02,IEICE-SIS-2014-07-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会