お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-05 15:00
プログラムを読むことによる学習の提案とその支援システムの設計
東本崇仁赤倉貴子東京理科大ET2014-26
抄録 (和) プログラミング言語の学習においては,要求(問題文等)を実現するアルゴリズムの理解と,アルゴリズムをコードに変換するための言語知識の理解の2面が存在することは既知であり,個別に学習支援を行う研究は多くなされている.一方,プログラミングスキルの向上のためには,プログラムを読み,理解することも重要であることは経験上明らかである.そこで,本研究ではプログラムを読むことによる学習に着目し,プログラムを読むプロセスとして,コードからアルゴリズムを理解する「読解」とアルゴリズムから元の要求を理解する「意味理解」の2ステップを提案する.また,「アルゴリズム」「コーディング」「読解」「意味理解」の4ステップによる統括的なプログラミング学習を提案し,その支援システムについて検討する. 
(英) Learning about programming requires the development of two different skills: learning the program syntax necessary to write code to implement the algorithm, and understanding the algorithms. Prior research has extensively studied how to provide individual support for developing these skills. Typically, learners are assigned construction tasks. However, it is important to not only write but also read programs in order to understand programming deeply. In this work, we focus on learning-by-reading in the context of computer programming and propose a process composed of four steps for such learning: algorithm construction, writing a program, reading for comprehension, and deducing meaning.
キーワード (和) プログラミング学習 / 作問 / アルゴリズム / コーディング / 読解 / 意味理解 / /  
(英) Learning Programming / Problem Posing / Algorithm Construction / Writing Programs / Reading omprehension / Deducing Meaning / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 121, ET2014-26, pp. 23-26, 2014年7月.
資料番号 ET2014-26 
発行日 2014-06-28 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2014-26

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2014-07-05 - 2014-07-05 
開催地(和) 秋田大学 
開催地(英) Akita Univ. 
テーマ(和) システム横断的学習支援/一般 
テーマ(英) Cross-system Learning Support, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2014-07-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プログラムを読むことによる学習の提案とその支援システムの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Learning by Reading Computer Programs: Design of a Support System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラミング学習 / Learning Programming  
キーワード(2)(和/英) 作問 / Problem Posing  
キーワード(3)(和/英) アルゴリズム / Algorithm Construction  
キーワード(4)(和/英) コーディング / Writing Programs  
キーワード(5)(和/英) 読解 / Reading omprehension  
キーワード(6)(和/英) 意味理解 / Deducing Meaning  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 東本 崇仁 / Takahito Tomoto / トウモト タカヒト
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤倉 貴子 / Takako Akakura / アカクラ タカコ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-05 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2014-26 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.121 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2014-06-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会