電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-04 16:30
電子回路の同一トポロジー判定手法の提案
根岸孝行加藤雅人関 洋明菅原誉士紀鈴木研人高井伸和小林春夫群馬大エレソ技報アーカイブへのリンク:ICD2014-30
抄録 (和) 集積回路規模の増大による開発過程の複雑化や開発期間の短期化等により、
人の手のみによる電子回路設計が困難となっている。
現在では、コンピュータによる回路設計の自動化が注目されている。
自動設計は、人による設計よりも短時間かつ効率的に行う必要がある。
効率的に行うための手段として、過去に解析した回路は再び解析しない工夫が挙げられる。
実際に統計調査をすると、同一回路トポロジーは約40%作成されることが分かった。
そのため、自動設計において、同一回路を解析するという問題は無視できない。
本論文は、任意の2つの回路トポロジーが同一かどうかを、
視覚的ではなく、プログラムで判定するための手法を提案する。
この提案手法を自動設計に導入すれば、効率的な自動設計を実現できる。
また、提案手法はJava言語でプログラミングし、基本構成オペアンプの判定に成功した。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 電子回路 / 回路トポロジー / 同一判定 / 自動設計 / / / /  
(英) Electronic Circuit / Circuit Topology / Similarity Identification / Automatic Design / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 120, ICD2014-30, pp. 93-97, 2014年7月.
資料番号 ICD2014-30 
発行日 2014-06-26 (ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 ICD ITE-IST  
開催期間 2014-07-03 - 2014-07-04 
開催地(和) 出雲市(島根県) 
開催地(英) Izumo-shi (Shimane) 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路 
テーマ(英) Analog, Mixed Analog and Digital, RF, and Sensor Interface Circuitry 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2014-07-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電子回路の同一トポロジー判定手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Identification Method of Same Circuit Topology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子回路 / Electronic Circuit  
キーワード(2)(和/英) 回路トポロジー / Circuit Topology  
キーワード(3)(和/英) 同一判定 / Similarity Identification  
キーワード(4)(和/英) 自動設計 / Automatic Design  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 根岸 孝行 / Takayuki Negishi / ネギシ タカユキ
第1著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 雅人 / Masato Kato / カトウ マサト
第2著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 洋明 / Hiroaki Seki / セキ ヒロアキ
第3著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 誉士紀 / Yoshiki Sugawara / スガワラ ヨシキ
第4著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 研人 / Kento Suzuki / スズキ ケント
第5著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 伸和 / Nobukazu Takai / タカイ ノブカズ
第6著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 春夫 / Haruo Kobayashi / コバヤシ ハルオ
第7著者 所属(和/英) 群馬大学 (略称: 群馬大)
Gunma University (略称: Gunma Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-04 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-ICD2014-30 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.93-97 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICD-2014-06-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会