お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-07-03 10:15
サイドチャネル認証に向けた基礎的考察
松原有沙李 陽電通大)・林 優一東北大)・崎山一男電通大ISEC2014-10 SITE2014-5 ICSS2014-14 EMM2014-10
抄録 (和) 近年電子マネーや入退出管理などの場面で,近距離無線通信を利用した認証技術が広く普及している.
しかし攻撃者が,認証者と被認証者間の通信を中継し,正規の通信とは異なるチャネルを構築することで被認証者の位置情報を偽装するリレー攻撃の危険性が指摘されている.
そこで本稿では,従来,暗号デバイスへの攻撃に用いられていたサイドチャネル情報を認証に用いることを提案し,リレー攻撃対策としての有効性の検証を行うとともに,実現に向けた基礎的実験と考察を行う.
サイドチャネル情報は,暗号デバイスが動作する際に副次的に漏洩する消費電力や漏洩電磁波などのデバイスと秘密鍵に依存した固有の情報である.固有性を用いることで,認証者と被認証者との通信距離の制限を効率的な実現を目指す. 
(英) Recently, authentication using near field communication is widely spread for entrance and exit control and electronic money systems.
However a threat of relay attack is often pointed out.
Relay attack enables an attacker to camouflage the location by developing another communication channel instead of the legitimate one.
In this paper, we propose an authentication method using side-channel information, and verify the usability of it based on fundamental experiments.
When a cryptographic device is working, side-channel information is leaked as a power consumption and an electromagnetic wave, which is unique information depending on secret key.
Utilizing such uniqueness for communication between prover and verifier, we aim at realizing an efficient distance bounding mechanism in the RFID-based authentication system.
キーワード (和) サイドチャネル情報 / RFID / リレー攻撃 / / / / /  
(英) Side-channel information / RFID / Relay attack / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 114, no. 115, ISEC2014-10, pp. 1-8, 2014年7月.
資料番号 ISEC2014-10 
発行日 2014-06-26 (ISEC, SITE, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2014-10 SITE2014-5 ICSS2014-14 EMM2014-10

研究会情報
研究会 ICSS ISEC SITE EMM IPSJ-CSEC IPSJ-SPT  
開催期間 2014-07-03 - 2014-07-04 
開催地(和) サン・リフレ函館 
開催地(英) San-Refure Hakodate 
テーマ(和) セキュリティ, 一般 
テーマ(英) Security 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2014-07-ICSS-ISEC-SITE-EMM-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サイドチャネル認証に向けた基礎的考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration on Side-Channel Information Toward Authentication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サイドチャネル情報 / Side-channel information  
キーワード(2)(和/英) RFID / RFID  
キーワード(3)(和/英) リレー攻撃 / Relay attack  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松原 有沙 / Arisa Matsubara / マツバラ アリサ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 陽 / Yang Li / リ ヤン
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 優一 / Yu-ichi Hayashi / ハヤシ ユウイチ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku university (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 崎山 一男 / Kazuo Sakiyama / サキヤマ カズオ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-07-03 10:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2014-10,IEICE-SITE2014-5,IEICE-ICSS2014-14,IEICE-EMM2014-10 
巻番号(vol) IEICE-114 
号番号(no) no.115(ISEC), no.116(SITE), no.117(ICSS), no.118(EMM) 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2014-06-26,IEICE-SITE-2014-06-26,IEICE-ICSS-2014-06-26,IEICE-EMM-2014-06-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会